函館五稜郭病院

尿道留置カテーテル使用率

函館五稜郭病院 > 当院について > 当院の取り組み > 臨床指標 > 尿道留置カテーテル使用率

臨床指標

尿道留置カテーテル使用率

指標の説明・定義

 尿路感染症は医療関連感染の中でも最も多く、約40%を占め、その80%が尿道留置カテーテルによるもの、すなわちCAUTI(catheter-associated urinary tract infection)です。医療機関で起こる血流感染の15%はCAUTIの合併症であると推計されており、その寄与死亡率は15%を超えます。CAUTIのリスクは医療機関、部署、患者の特性に左右されますが、エビデンスレベルが高い予防策の実施により、CAUTIの65%‐70%は予防可能と推計されています。
本指標は、この尿路感染症発生率を算出するための事前準備指標となり、どのぐらいの患者に尿道留置カテーテルが使用されているかをみています。

尿道留置カテーテル使用率

指標の種類・値の解釈

プロセス

page top