函館五稜郭病院 > 当院について > 当院の取り組み > 臨床指標 > 退院後6週間以内の救急医療入院率

臨床指標
Clinical Indicator

臨床指標

退院後6週間以内の救急医療入院率

指標の説明・定義

患者の中には、退院後6週間以内に予定外の再入院をすることがあります。その背景としては、初回入院時の治療が不十分であったこと、回復が不完全な状態で患者に早期退院を強いたこと、などの要因が考えられます。分母は様式1の「退院年月日」が調査期間に該当する一般入院症例数、分子は入院日の42日前以降に様式1の「前回退院年月日」が該当する救急医療入院症例数としました。

退院後6週間以内の救急医療入院率

指標の種類・値の解釈

アウトカム
より低い値が望ましい

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧