函館五稜郭病院

IVR-CT『Artis zee TA PURE + Definition AS64 ecoline』

函館五稜郭病院 > 当院について > 当院の取り組み > 当院の医療機器 > IVR-CT『Artis zee TA PURE + Definition AS64 ecoline』

IVR-CT『Artis zee TA PURE + Definition AS64 ecoline』

IVR-CT『Artis zee TA PURE + Definition AS64 ecoline』

IVR-CT『Artis zee TA PURE + Definition AS64 ecoline』

 IVR-CTとは、画像下治療装置(IVR)と、精密な体内画像を撮影できるコンピュータ断層撮影装置(CT)が組み合わせた医療機器のことです。
 従来では、画像透視下の治療中にCT撮影が必要な場合は、一度治療を中断し、別の検査室へ移動してCT撮影をする必要がありました。IVR-CTは、同じ室内に透視装置とCT装置が設置されているため、検査室(や患者さん)を移動することなく、CT撮影を行う事が可能です。
 IVRは、外科手術と比較して、体に大きな切開をせずに、体内(臓器や血管)を治療する事が可能なため、患者さんへの身体的負担が少ないという特徴をもっています。
 当院では、症状と治療法に合わせて循環器内科・腎臓内科・放射線診断科の専門の医師が治療を担っています。

page top