函館五稜郭病院

腹膜播種に基づく腸管狭窄により経口摂取が不可能となった切除不能進行・再発胃癌症例に対するsurgical interventionの意義と適応に関するQOL scoreを使用した前向きコホ-ト研究

函館五稜郭病院 > 臨床研究の実施状況 > 腹膜播種に基づく腸管狭窄により経口摂取が不可能となった切除不能進行・再発胃癌症例に対するsurgical interventionの意義と適応に関するQOL scoreを使用した前向きコホ-ト研究

お臨床研究

臨床研究の実施状況

課題名 依頼者 症例数 実施科 期間
腹膜播種に基づく腸管狭窄により経口摂取が不可能となった切除不能進行・再発胃癌症例に対するsurgical interventionの意義と適応に関するQOL scoreを使用した前向きコホ-ト研究 日本胃癌学会 研究推進委員会 3例 外科 H25.6.4~H29.3.31
page top