函館五稜郭病院

薬品庫

函館五稜郭病院 > 薬剤科 > 薬品庫紹介 注射薬払い出し

薬剤科

薬品庫紹介 注射薬払い出し

 当院では、薬品庫の一角にオートアンプルディスペンサー(AAD;アンプルピッカー)を設置して、注射剤の個別払い出しを行っています。オーダリングシステムにより入力された注射データは、薬剤科のシステムで用法・用量、投与経路、配合変化等を確認され、AADにより、自動的に注射薬が個人別に、一施行毎に取り揃えられます。
 薬剤師は、処方箋をもとに薬品を監査し払い出しを行います。
 また、薬品庫と隣接した場所に無菌調剤室・ハザード室があり、ここでは、取り揃えられた抗がん剤やTPN(中心静脈栄養)のミキシングが行われ、調製後、各病棟・外来化学療法室へ供給されます。

業務の流れ

病棟・外来

医師が処方内容をパソコンに入力

薬剤科

システムによる処方監査と処方箋・薬袋の発行

 処方箋の発行と同時に、調剤支援システムにより、内服薬や他の注射薬との相互作用などが自動的にチェックされます。処方内容に問題がある場合は、この時点で処方情報がストップし、処方箋発行などが注射薬の取り揃えが行われません。
 薬剤師がその都度内容の確認を行い、必要時問い合わせを行っています。
 注射処方箋には、「冷所保存」や「インスリン製剤」、「ミキシング対象Rp」など、注意すべき項目にカラー色がつき、見やすく表示されています。

  • 注射薬処方箋

    注射薬処方箋
  • ミキシング対象Rp(オレンジ色)

    ミキシング対象Rp(オレンジ色)

    保存注意(水色)

    保存注意(水色)

注射薬の取り揃え

 発行された処方のデーターは、オートアンプルディスペンサー(AAD)と呼ばれるアンプルやバイアルを自動的に取り揃え、個人別かつ、一施行毎に袋詰めする機械に送られます。
 AADで出力される薬袋には、病棟名、患者名、薬品名、一回投与量が印刷されます。AADの中にはよく処方される約150種類の注射薬が保管されています。補液や冷所薬剤などのAADに充填出来ない薬剤は、注射棚より手集めで集めます。
 当院が採用している注射薬は約700種類で、その中でよく処方される約450種類の注射薬を注射棚に保管しています。

  • オートアンプルディスペンサー(外観)

    オートアンプルディスペンサー(外観) オートアンプルディスペンサー
  • オートアンプルディスペンサー(裏側)

    オートアンプルディスペンサー(裏側) オートアンプルディスペンサー
  • 薬袋

    薬袋
  • 薬袋

    薬袋
  • 注射棚

    注射棚
  • 注射薬の払い出し

    注射薬の払い出し

病棟用注射カートへ注射薬をセット

 AADでピッキングされた薬剤と輸液類を、1施行毎に取り揃え、患者毎にカートの中にセットし、病棟へ払い出します。

  • 病棟用注射カート

    病棟用注射カート
  • 個人セット

    個人セット

注射薬剤の監査

 注射薬の監査は、取り揃えられた薬剤の規格や数量、投与量、投与ルート(静注、筋注、皮下注など)が適切であるか、また配合変化は起きないかなどについてもチェックします。特に抗癌剤の場合、投与量は体表面積や体重により患者毎に異なり、またレジメンによっても投与量は異なります。また投与間隔も重要です。そのため、ミスを防ぐために必ず薬剤師2名が関わり監査を行います。また、混合調製した注射薬の中にコアリングなどの異物が入っていないかもチェックします。

  • 抗癌剤の監査

    抗癌剤の監査
  • 混合調製注射薬の監査

    混合調製注射薬の監査

薬剤の搬送

 監査を終えた注射薬は、各病棟へ運ばれ、看護師によって投与されます。

その他の薬品庫業務

手術室用注射薬剤の補充

 手術時に使用する注射薬は、カート内の各トレイから使用しています。
 手術終了後に薬剤科へカートが返却され、薬剤師が手術時に使用した注射薬をトレイに補充します。

  • 手術室用注射カート

    手術室用注射カート
  • カート内

    カート内

検査時使用薬剤のセット

 各病棟から事前にカテーテル検査やペースメーカー埋め込み術などの施行日の連絡を受け、その検査で用いる薬剤を、取り揃えて事前に準備を行います。検査前日または検査当日に薬剤を払い出します。

  • 検査時使用薬剤のセット
  • 検査時使用薬剤のセット

無菌調剤室・ハザード室紹介 ~注射薬剤のミキシング~

 当院では、抗癌剤をミキシングするためのハザード室と、TPN(中心静脈栄養)などのミキシングを行うための無菌調剤室があります。
 どちらも無菌操作を行う場所である為、クリーンな環境に保たれています。
 ミキシングする前に前室で、手洗いと手指消毒を行います。またここで、防護服を着用します。防護服は、無菌状況で調剤を行うため、抗癌剤による被爆を防ぐために着用します。(防護服:キャップ、フェイスガード付きマスク、手袋、ガウン、シューズカバー)
 ハザード室には、安全キャビネットが2台あり、調製時に抗がん剤による曝露を防止できる環境になっています。さらに、抗がん剤が漏れ出ないような器材(閉鎖式システム)も導入し、さらなる安全面の配慮を行っています。
 また、無菌調剤室にはクリーンベンチが3台あります。ミキシングの対象は、全ての抗がん剤と一部のTPNを行っています。
 実績として抗癌剤のミキシングは入院・外来共に全件おこなっており、入院は約200件/月、外来約500件/月です。日曜・祝日投与するケースは少ないですが、その場合もすべて対応しています。
 TPNのミキシングは、投与する時間帯によって行っており、約50件/月(TPN全体の約2割程度)ミキシングしています。

無菌調剤室(外観)

無菌調剤室(外観)
  • 無菌調剤室前室

    無菌調剤室前室
  • 防護服

    防護服
  • ハザード室

    ハザード室
  • 無菌調剤室

    無菌調剤室
  • 抗癌剤の調製

    抗癌剤の調製
  • TPNの調製

    TPNの調製
page top