函館五稜郭病院 > 薬剤科 > 調剤室紹介

調剤室紹介

当院は、処方オーダリングシステムを導入しています。

病棟、外来診察室で医師がパソコンに処方内容を入力すると、処方データが薬剤科に送信されます。

薬剤科では、処方データを基に調剤支援システムで、重複薬剤、相互作用などを自動的にチェックします。

その後、散薬、水薬監査システムや全自動錠剤分包機、薬袋発行機にデータが転送され、処方箋が発行されます。

薬剤師は発行された処方箋を基に、内服薬や外用薬の調剤を行います。また入院患者が持参した薬の鑑別・再分包も行っています。

業務の流れ

病棟・外来

医師が処方内容をパソコンに入力

 

薬剤科

システムによる処方監査と処方箋・薬袋の発行

処方箋の発行と同時に、調剤支援システムにより、重複薬剤や相互作用などが自動的にチェックされます。処方内容に問題がある場合は、この時点で処方情報がストップし、処方箋発行など調剤が行われません。

薬剤師がその都度内容の確認を行い、必要時問い合わせを行っています。

薬袋発行機からは、薬袋に病棟名、患者名、服用時点、処方日数、薬品名、1回服用量などを印字して薬袋が発行されます。

調剤支援システム 処方監査チェックシステム
調剤支援システム 処方監査チェックシステム
薬袋発行 処方箋と薬袋
薬袋発行機 処方箋と薬袋

 

システムによる処方監査後、各調剤機器に処方データが伝達され、調剤業務が始まります。

 

錠剤・カプセルの分包

全自動錠剤分包機は、錠剤・カプセル剤を分包する機械で、処方された錠剤・カプセル剤の大半は、この機械から調剤されます。この機械に充填できない薬剤は、錠剤棚より集めて調剤となります。

当院では内規に従い服用時点毎の一包化を原則としています。

さらに分包紙には患者名、服用時点(朝食後など)、診療科も印字しています。又、錠剤・カプセルの識別記号も余白に印字し、監査の際に利用しています。

流れ

全自動錠剤分包機
全自動錠剤分包機 全自動錠剤分包機
分包紙 監査用分包紙
分包紙 監査用分包紙

散薬の計量調剤

散薬の秤量を散薬監査システムのもとに行っています。処方箋に印字されたバーコードを専用のリーダーで読み取らせ、処方内容を呼び出し、装置瓶に貼付しているバーコードを読み取らせた後に秤量を行いますが、処方内容と異なる薬剤の場合は、アラーム音が鳴り、秤量することが出来ないシステムになっています。散薬調剤台には、約100種類の散薬があります。

散薬台 散薬秤量
散薬台 散薬秤量

水薬・軟膏の計量調剤

水薬の監査システムをもとに、水薬を秤量します。軟膏もここで混合します。水薬の調剤手順も、散薬と同じく、バーコードを読み取らせてから行います。この台には、よく処方される約30種類の水薬と、約10種類の軟膏が配置されています。その他の水薬や軟膏は、別に配置している棚にストックされています。

水薬・軟膏台 水薬秤量
水薬・軟膏台 水薬秤量

ヒート製品の計数調剤

当院が採用している内服薬、外用薬は約1600種類で、その中でよく処方される約700種類の薬を薬品棚に保管しています。現在、当院で使用されている内服薬の総処方量の約3割が後発品です。後発品の導入は当初、入職1年目の薬剤師が中心となってその選択に関わり、現在に至っています。

調剤については処方頻度が高い錠剤の大半は、全自動錠剤分包機で分包されるため、薬品棚に保管されているヒート製品は、主に夜間指定病院で近隣の薬局が開いていない時の外来処方や、全自動錠剤分包機で分包できない薬剤の調剤で使用します。

同一銘柄で複数規格ある薬剤は配置場所を離し、さらに『複数規格あり』と 記載し、取り間違えないよう注意を促しています。

薬品棚 計数調剤
薬品棚 計数調剤

くすりの鑑別と薬歴作成、持参薬の再調剤

患者さんが入院時や外来受診時に持参した薬について、薬品名、規格、薬効や用法用量、当院採用薬か否か、代替薬は採用薬の中にあるかを調べます。

一般の医療機関では、鑑別結果は紙で医師へ報告しますが、当院ではイントラネット上にこの鑑別結果を公開しているため、院内すべてのオーダー端末のパソコン画面上で閲覧でき、服用継続・中止の指示を出すことが出来ます。医師はその鑑別結果を見て内服の継続、中止を指示します。

患者さんが持参した薬や当院で処方した薬で、服用量や服用方法に変更が生じた場合、医師の指示のもと薬の再調剤を行います。持参した薬は、残数を数えて何日分服用できる薬があるのかを調べて、薬歴も作成します。

鑑別 鑑別報告書
鑑別 鑑別報告書
再調剤 薬歴
再調剤 薬歴

院内製剤

医師より要請のあった、市販されていない薬剤を、文献などをもとに処方内容を決定し、試薬などを用いて調製します。院内の薬事審議会で承認を得た約150種類の院内製剤(一般製剤、特殊製剤)が登録されています。特によく使用されているものの中に、硝酸銀やマーキング用墨汁などがあります。

製剤調製
製剤調製 製剤調製

 

くすりの監査

用法用量が適切であるか、調剤された薬剤が間違っていないかなど処方箋をもとに内容の最終確認をします。監査の際に、当院入院中の患者さんが服用される薬は、看護師が配薬しやすいように、原則、薬包紙を一回服用分に切り離して薬袋に入れています。

監査
監査 監査

院外処方の疑義照会

調剤薬局から院外処方等に関する問い合わせは原則、薬剤科が窓口となり、各外来へ問い合わせを行います。調剤薬局との疑義の記録はすべてFAXで行い、記録用紙に記録しています。

疑義内容(FAX) 疑義照会中
疑義内容(FAX) 疑義照会中
疑義照会記録 疑義照会記録用紙
疑義照会記録 疑義照会記録用紙

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧