ホーム > 薬剤科 > チーム活動紹介

チーム活動紹介

感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)
感染対策チーム

ICTのメンバーは、医師、看護師、薬剤師などの多職種で構成され、抗生剤の適正使用の推進、院内感染防止を目的として毎週院内感染ラウンドを行っています。抗MRSA薬・カルバペネム薬の適正使用、緑膿菌患者の多剤耐性防止、菌培養検査の結果から適切な治療が行われているか等を確認・検討しています。特に抗MRSA薬を投与する場合にはTDMを行うように規定し、解析結果をもとに薬剤師が直接医師に投与量、投与方法を提案しています。

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)
栄養サポートチーム

栄養管理は治療の効果を高めて、手術・抗がん剤治療等に伴う合併症・副作用の発生を抑えることが知られています。

栄養状態が悪いと、治療の効果が十分に得られない場合があるため、入院患者さんの病態にあった栄養剤を提案し、食欲不振を起こす可能性のある薬剤が投与されている場合は、改善のための検討や評価を行っています。患者さんの疾患によっては、他チームと連携をとり活動しています。

癌化学療法チーム
癌化学療法チーム

入院・外来患者さんの抗がん剤混合調整業務や、抗がん剤投与前の服薬指導業務を行っています。また、薬剤科内カンファレンスの実施や、キャンサーボード(他職種によるカンファレンス)への積極的参加、抗がん剤投与におけるレジメンの審査・登録から、投与・副作用の対処法の提案など、日々医療の質の向上のため活動を行っております。

今後、外来におけるがん化学療法治療が進むにつれ、地域の医療機関や調剤薬局との連携が必要不可欠となります。薬剤科では、地域連携パス作成への参加や、退院時情報提供を通じて安全で円滑ながん化学療法を進めています。

緩和ケアチーム(PCT:Palliative Care Team)
緩和ケアチーム

「緩和ケア」とは、生命を脅かす病を患っている患者や家族の抱える問題点や苦痛を解決してQOL(生活の質、生命の質)に寄与するよう関ることを意味します。そのためには多職種の専門性を結集する必要があり、なかでも疼痛治療のための薬剤選択における薬剤師の役割は大きいと考えられます。

薬剤師の主な活動は、緩和ケア担当医師1名、看護師2名と共に週に1回行う緩和ケア回診の中で、麻薬処方の切り替え案や処方量、処方に伴う副作用対策などを提案しています。また、他院から定期的に精神科医に来ていただき、患者さんの精神的サポートも行っています。

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧