認定看護師
Certified Nurse

認定看護師
高度化、専門分化が進む医療現場において、より一層の看護ケアの広がりと質の向上を図るため、専門的な看護技術と知識を持つ看護師の育成に取り組んでいます。当院では11分野16名の認定看護師がおり、各分野において活動しております。

皮膚・排泄ケア認定看護師  仙石 真由美  古川 峰子

皮膚・排泄ケア認定看護師は、スキンケアの知識と技術を用い、皮膚トラブルの予防や改善のために、患者さまや看護師をサポートする看護師です。床ずれをはじめとして、足潰瘍、人口肛門(ストーマ)の皮膚トラブル、便・尿失禁による皮膚トラブルなどをケアしていますが、最近は化学療法に伴う手足の皮膚トラブルも増加しています。皮膚トラブルの状態によっては、痛みが生じて活動が制限されたり、出歩くのが困難になったり、家事ができなくなるなど生活上の問題も生じてきます。
各医療スタッフと連携を図りながら、患者さまがその人らしく生活が出来るためのお手伝いをさせていただきます。

救急看護認定看護師  小黒 洋子  前田 亜沙子

救急看護認定看護師とは、生命の危機的状況にある患者さんに対し確実な救命技術を実践する認定看護師です。
発症時から、早期回復や社会復帰を見据えて必要な看護を計画、実践します。突然の発症で動揺している患者さん、家族に対し精神面への援助も行います。災害看護に関する知識、技術を用いて災害に関する教育や災害への準備活動も行っています。看護実践を通し、他の医療従事者に対しての指導、相談に応じる事も重要な役割です。
院内での救急看護の質の向上に寄与し、患者さんが安全で確実な救急医療を受ける事ができるよう、取り組んでいます。

集中ケア認定看護師  小田 あかね

集中ケア認定看護師とは、生命の危機状態にあり、急性かつ重篤な患者様へ熟練した技術を用いて水準の高い看護を行い、重篤化を回避するための援助や早期から回復を目指した援助を提供する看護師です。また、患者さん・御家族の気持ちの揺らぎを受け止め、安心して療養できるように支援します。他の医療従事者への指導や相談に応じ、チームとして患者様・御家族が速やかに生命の危機状態から回復できるような看護の提供に努めます。

感染管理認定看護師  山根 のぞみ  山本 亜希子

近年、耐性菌や結核、インフルエンザ等、様々な感染症が社会問題として取り上げられています。私は、看護の視点に立ち、これら感染症の対応、相談、予防的介入、教育について、感染制御医師(ICD)、薬剤師、臨床検査技師、事務員から構成される感染対策チーム(ICT)メンバーと共に活動を展開しています。また、医療関連感染サーベイランスの実践は勿論、医療安全管理者との連携や部門の垣根を越えた協力体制下で、患者さんをはじめ病院のすべての人々の安全・感染管理を推進する役割を担っています。
現在、活動範囲は院外を含め多岐にわたりますが、地域全体の感染対策向上と発展のため、ICNネットワークとも連携し日々努力していく所存です。

手術看護認定看護師  堂本 直人

手術看護認定看護師とは、手術を受ける患者さんが麻酔や手術侵襲による影響を最小限にし、安全・安楽に手術を受けられるよう熟練した看護の実践を行うこと、また患者さんとともに、ご家族への心理面での支援を行うなどの役割があります。より安全で質の高い看護を提供するために、手術中の皮膚・神経障害予防や体温管理、麻酔、安全管理など手術看護に関する勉強会を開催して、看護の質の向上に努めています。
また周手術期看護として、病棟や各部門との連携を深めるため病棟訪問を行い、情報の共有や看護業務の改善、また病棟スタッフの手術室見学実習を実施し、術前から術後まで継続した看護の提供に努めております。

がん性疼痛看護認定看護師  高橋 玲子

がん性疼痛看護認定看護師とは、がんの痛みについて総合的なマネジメントを基に、適切な薬剤管理や評価を行い、個別的なケアを計画・実施し、患者さんの苦痛の軽減を図る認定看護師です。また、痛みのみでなく、その他の身体的苦痛やそれにより生じる心理的苦痛、社会的苦痛などをケアすることで、患者さん・ご家族のQOL(生活の質)の向上を図ります。
日常、出会う患者さんは思った以上に痛みを我慢され、時には誰にも言えず医療者にも伝えられず一人で抱えていることが多いように思います。「ご本人にしかわからない体験である痛み」に苦しむ患者さんをサポートし、より良い看護ケアの提供に努めております。

がん放射線療法看護認定看護師  秋山 香織

がん放射線療法看護認定看護師は、放射線治療を受ける患者さん、ご家族が不安なく安全に治療を受ける事ができるように、支援する役割を担っています。放射線療法は手術療法、化学療法と並び、がん治療の3本柱といわれています。高齢化社会に伴い、身体への負担の少ない放射線治療の需要はますます高まることが予測されます。治療過程で生じる副作用を予測し、日常生活の注意点やケアの具体的な方法などの情報を提供していきます。また患者さんの体調、不安の有無を毎日確認し、安心して治療に望めるよう支援させていただきます。患者さんをサポートするご家族へも配慮し、心に寄り添った看護ケアの提供をしていきたいと思います。

緩和ケア認定看護師  中安 千佳子  荒木 弥生

緩和ケア認定看護師とは、病気や治療に伴う身体的苦痛を緩和するとともに、患者さんやご家族の精神的苦痛・社会的苦痛・スピリチュアルな苦痛など、療養上におけるさん々な問題を解決出来るようサポートする役割を担っています。
認定看護師としての専門知識と技術を活かし、療養生活における患者さんとご家族の意向や希望を支えながら、療養の場に応じた日常生活の充実を目指しています。QOL(生活の質)を最大限に高められるよう、また安全で安心出来る安楽な療養の場を提供し、常に患者さんとご家族に寄り添う看護に努めていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

がん化学療法看護認定看護師  高橋 美知枝  金丸 可保里

がん化学療法看護認定看護師の役割として、がん化学療法に関する専門的な知識を持ち、化学療法を行う患者さんとご家族、化学療法に携わる看護スタッフへのサポートがあります。
患者さん、ご家族へのサポートとして化学療法・抗がん剤についての情報提供、副作用症状の予防や対処方法に関する情報提供、治療を行ううえでの不安や疑問への対応があります。治療に関する情報提供と同時に精神的サポートを含めたよりよい看護を提供できることを目指しています。院内および地域の化学療法に携わる看護スタッフの知識・技術の向上に寄与し、化学療法が安全に、できるだけ苦痛が少なく行われるような治療環境の提供に努めていきます。

乳がん看護認定看護師  伊藤 智恵子

乳がん看護認定看護師とは、乳がん治療全般に伴う不安や悩みに対応する認定看護師です。たとえば、乳がんの告知や各治療を選択する際など、患者さんが色々な決断を迫られた時、専門的な知識をもとに、それぞれの患者さんの状況に応じたサポートを行います。また、各治療に伴う副作用への対応やリンパ浮腫に対する相談などもお受けすることができます。
乳がん治療は経過が長く多岐にわたります。乳がんになられた方が少しでもその方らしさを失うことなく、乳がんとうまく付き合いながら生活していけるような看護の提供に努めていきたいと思います。

慢性心不全看護認定看護師  梅木 恵

慢性心不全看護認定看護師とは、心不全患者の身体及び認知・精神機能のアセスメントを行い、症状緩和のためのマネジメント・QOLを高めるための療養生活活動を支援する。また、心不全患者・家族の権利を擁護し、自己決定を尊重した看護を提供していくことを目的としています。
現在の高齢化社会において、病気を抱えながらも「自分らしく生きていく」ために必要な生活調整を行い、病院・地域・自宅までのシームレスな看護を提供できるようにしたいと考えています。また、急性期・慢性期・終末期各期において、医療者の立場からも、患者・家族の立場からも共に納得し、最適な医療支援をその都度受けることができるよう各部門調整役を担いたいと考えています。
まだ、新しい分野であり認知度は低いですが、今後の社会においては新たな可能性がある分野であると考えて、様々な分野の皆様方と協力していきたいと考えています。

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧