各部署紹介
Department introduction

各部署紹介

中4病棟

中4病棟
当病棟は南4病棟と同じ消化器内科病棟で、消化管・肝臓・胆道・膵臓疾患診断のための検査や治療、ターミナルケア等、色々な目的で入院している方に対して看護を実践しています。
 内視鏡的検査や治療、化学療法についての最新知識の習得、生活習慣病として患者数が増加している糖尿病に関する知識の習得はスタッフの強みです。知識を生かし、検査や治療に対する不安や身体の痛みを抱える患者さん、「食べる」ことが制限されている患者さんなど、様々な問題を抱えた患者さんとそのご家族に対して、それぞれの思いや価値観を大切にし、あたたかな看護につなげるよう心がけています。
 新人教育は、スタッフ全員が頼れる先輩となって成長を見守り、勤務異動者や中途採用者の現任教育にも力を入れ、働きやすい環境となるよう全員でサポートしています。関わる全ての人に「元気」を分けられるよう、スタッフ一同元気に笑顔で頑張っています

中5病棟

中5病棟
泌尿器科は、手術、化学療法、放射線療法等が行われています。手術件数は、北海道内ではトップクラスで、前立腺がんは道南初の「ダヴィンチ」によるロボット補助下腹腔鏡前立腺全摘除術を行っています。
 耳鼻咽喉科では、中耳炎やアレルギー性鼻炎、扁桃炎等の耳鼻科疾患の他、喉頭がん等の頭頸部がんを対象とし、その診断および治療を行っています。頭頸部がんの患者さんが放射線治療を受ける場合は、歯科口腔外科と連携して口腔粘膜炎を予防しているほか、NST(栄養サポートチーム)の介入により、経口摂取が困難になった患者さんの全身状態の改善を行っております。
 在院日数が少ない中で、少しでも不安や緊張を和らげるよう、対話を大切にしており、常に相手の立場に寄り添い、患者さん1人ひとりに合わせた説明やケアの提供に努めています。
スタッフは、笑顔と元気いっぱいです。専門職業人として現状に満足せず、多くの知識・技術を身につけ、より良い看護の提供をめざし日々邁進しています。

南4病棟

南4病棟
南4病棟は、中4病棟と同じ消化器内科病棟で、消化管・肝臓・胆道・膵臓疾患診断のための検査や治療、ターミナルケア等、色々な目的で入院している方に対して看護を実践しています。
 スタッフはFISH理論に基づき、日々明るく楽しく笑顔で勤務しており、チームワークの良さは抜群です。また、当病棟はオープンカウンターがあり、ナースステーションの前には季節ごとの飾り付けをしています。患者さんや、面会の家族からも好評で、「次は何になるの?」と聞かれたり、患者さんが自ら作成した作品を持参されることもあります。
 新人看護師はプリセプターがじっくりと指導していますが、スタッフ全員も着実に看護技術が習得できるようにサポートしています。スタッフ全員で協力し、患者さんやご家族が何を望んでいるのかを真剣に考え、ケアリンングを基盤とした看護を実践できるよう日々取り組んでいます。

南5病棟

南5病棟
骨折、四肢関節の変形疾患、腱損傷などによる手術を目的とした患者さんの手術前後の看護を行っています。術後は良肢位の保持、体位変換、車椅子の移乗、保清の援助など、安静度や術式に応じて安全で安楽な看護援助が必要となります。機能回復を目的に入院してくる患者さんが多いため、理学療法士と連携し、日常生活動作を維持・拡大できるように関わっています。また、毎週木曜日には医師・看護師・理学療法士が参加し手術カンファレンス、金曜日にはリハビリカンファレンスを行い、情報共有に努めています。
 整形外科疾患では、手術前から歩行障害を伴っていることや、高齢者の転倒による骨折入院など、転倒リスクが高いため、入院時から転倒予防のケアを積極的に行っています。
 自立までに長期リハビリテーションが必要な患者さんには、地域の医療機関と連携し、スムーズに転院できるよう取り組んでいます。
 明るく元気なスタッフが、患者さんの回復過程を共に喜びながら、日々看護しています。

南6病棟

南6病棟
南6病棟は腎臓内科・心臓血管外科・呼吸器外科の混合病棟です。
 腎臓内科は、透析導入(血液透析・腹膜透析)等の急性期から、維持透析や退院後の生活を重視した退院指導・調整が必要な慢性期の患者さんのケアを行っています。腹膜透析の専門的知識を持ったスタッフもおり、ケアの質向上やスタッフの育成に力を発揮しています。
 心臓血管外科は冠動脈バイパス術・弁置換術や大動脈瘤等大血管の手術、呼吸器外科は肺がん・気胸等の手術が行われており、侵襲の大きな手術がほとんどです。手術に対する患者さんや家族の不安を受け止めながら、安全・安楽で、順調な術後経過をたどることができるように、看護を実践しています。
 日々の患者カンファレンスでは、個別性に合わせた質の高い看護を目指し、積極的に意見を出し合います。スタッフのワークライフバランスに合わせて三交代制・二交代制(16時間)を選択でき、いきいき働き続けることができるように取り組んでいます。

南7病棟

南7病棟
南7病棟は、整形外科・形成外科・眼科・口腔外科の混合病棟です。全ての科において、手術目的で入院される患者さんが多く、在院日数が短いことが特徴です。また、ボディイメージの変化が伴うこともあり、精神的にダメージを受けている場合も少なくありません。入院期間が短いため、患者さんと関わる時間は少ないですが、やさしくていねいな対応で患者さんの不安の軽減につとめ、患者さんに寄り添い、患者さんのニーズをとらえ、あたたかい看護を提供できるように取り組んでいます。
 新人看護師や中途で勤務されたスタッフに対しては、職場全体でサポートしており、スムーズに職場に適応できる環境が整っています。
 スタッフはみんな明るく元気いっぱいで、チームワークを大切に日々質の高い看護の提供を目指して頑張っています。

北2病棟

北2病棟
当病棟の助産師は、一生のうちで数少ない妊娠・出産を心に残るものとなるよう、妊娠期から援助し、産後はお母さんのニーズに合わせた母乳育児をすすめ、母子にとって安心で優しい看護を目指しています。入院中は、安心して赤ちゃんと一緒にすごすことができるよう、お部屋はオートロックで施錠できます。退院1週間後には育児相談も行っており、約8割のお母さんが利用されています。また、地域連携にも力をいれ、市の保健師と連携し育児支援を継続しています。
 婦人科は、患者さん一人ひとりの年齢や生活背景などを考慮し、ニーズに沿った個別の治療方針のもと、安心して入院生活を過ごして頂けるよう援助しています。術後合併症であるリンパ浮腫に対しては、リンパ浮腫外来と連携し、正しく効果的なセルフケアを継続していただくため、入院中から予防に取り組んでいます。
 周産期だけではなく、女性のライフサイクルを支え、寄り添う看護の提供を目指し頑張っています。

北4病棟

北4病棟
消化器外科と乳腺外科の病棟で、手術件数は毎日平均3~6件、北海道内でもトップクラスです。手術前後の患者さんがほとんどで、周術期看護が中心ですが、抗がん剤治療を受ける患者さんやがん終末期の患者さんも入院しており、緩和ケアチームと協働しケアを行っています。
 消化器疾患の術後患者さんに対しては、栄養サポートチームの介入や、リハビリテーション科による積極的な周術期リハビリテーション等、チーム医療により早期回復を実現しています。
 乳がん患者さんの身体的・精神的サポートは、外来所属の乳がん看護認定看護師と連携して取り組んでいます。
 殆どの術式では、クリティカルパスを用い、統一したわかりやすい説明を行い、早期離床・早期回復できることを願いながら日々看護を実践しています。
 医師と看護スタッフはとても明るく、チームワークが良いことが自慢です。忙しい中でもやりがいを感じながら、スタッフ一丸となって看護の質向上を目指して日々努力しています。

北5病棟

北5病棟
北5病棟は呼吸器内科病棟で、肺がん、慢性呼吸器疾患、誤嚥性肺炎などの患者さんの看護を行っています。
 肺がん患者さんでは、化学療法や放射線療法を目的に入院されることがもっとも多く、慢性呼吸器疾患により酸素吸入が必要な患者さんに対しては、在宅酸素療法(HOT)の指導等を行っています。
 患者さんは、呼吸困難感から不安や恐怖を抱くことが多いため、安楽な呼吸ができるケアに加え、身体の苦痛や不安を理解し軽減できるよう、精神的サポートを大切に考えています。
 呼吸器疾患の患者さんは、呼吸機能・身体機能が低下し、日常生活行動が狭まることが予測されます。退院後の生活を見据えたカンファレンスでは、メディカルソーシャルワーカー・退院調整看護師・理学療法士・栄養士など、多職種が多様な視点でアセスメントを行い、日々の看護実践につなげています。

北6病棟

北6病棟
北6病棟は循環器内科の病棟で、主に急性心筋梗塞、心筋症、不整脈、弁膜症の患者さんが入院しています。心臓カテーテル検査やカテーテル治療を積極的に行っており、平成28年からは不整脈に対するアブレーション治療も行うことができるようになりました。
 急性心筋梗塞や心不全は突然の発症であり、命にかかわる状態に陥ることもあるため、患者さんや家族の不安を軽減できるよう援助するとともに、スタッフはどのような場面でも冷静に的確に行動できるように、ICLSなどの救急蘇生技術の習得に力を入れています。
 また、これらの疾患のリスクファクターである高血圧、糖尿病、高脂血症などを有している患者さんがほとんどであり、退院後の生活を見据えた看護が重要です。当病棟の慢性心不全看護認定看護師が中心となり、薬剤師や管理栄養士、理学療法士とも連携し、服薬指導や食生活などの指導・教育にも力を入れて活動しています。
 多忙な毎日ですが、スタッフ間のチームワークもよく、明るく笑いの絶えない病棟です!

集中治療センター

集中治療センター
集中治療室10床、救急病床10床を担当しています。集中治療室は、重症度評価基準に準じ、重症患者で生命維持装置装着や集中治療を必要とする患者さん、侵襲の大きい手術患者さんの周術期管理を行っています。
救急病床は、緊急入院の患者さんを受け入れているほか、一般病棟で全身管理が困難な患者さんや、集中治療室から病棟へ直接転出することが難しい状況の患者さんの全身管理を行っています。また、救急病床は平成28年12月にリニューアルし、機能が充実したことに加え、急な入院で不安が大きい患者さんや家族に配慮した家族待合スペース等の環境を整えました。
 集中治療室・救急病床ともに、患者さんの安全を第一に考え、患者さんや家族に寄り添った安心・信頼できる看護を提供できるよう、チームメンバーで協力し合い取り組んでいます。
 また、当センターのスタッフは、院内急変時の初期対応支援を行っており、救命につなげるとともに、救急看護認定看護師2名、集中ケア認定看護師1名が中心となり、院内の職員に対して救命救急に関する様々な研修会を開催しています。
 あらゆる診療科・疾患の患者さんが対象で範囲が広いことから、学習の難しさはありますが、スタッフは明るく前向きに日々研鑽しながら、より良い看護を目指して頑張っています。

手術室

集中治療センター
当手術室は、手術室9室、看護師37名(手術室認定看護師1名)で、緊急・臨時手術も含め、年間約5500件の手術を行っています。外科・泌尿器科・婦人科では内視鏡手術が主流で、平成25年よりロボット支援手術が導入され、前立腺摘除術、胃切除術や婦人科の悪性腫瘍手術を行っています。心臓血管外科では、心臓手術の他にハイブリット手術のステントグラフト治療を行っています。
 タブレットを用いた術前オリエンテーション、小児手術では年齢に合わせたプレパレーションや母子同伴入室の実施、体位固定や体温管理の改善等を日々行い、患者さんの個別性に合わせた最良の看護を提供しています。
 また、手術チームとして、医師・看護師・臨床工学技士等でカンファレンスを行い、患者さんが安全・安心して手術を受けられるように日々努力しています。

中央材料室

中央材料室
中央材料室は、1種滅菌技士1名、第2種滅菌技士2名が中心となり、外来・病棟・手術室など病院内で使用される全ての器材の洗浄・滅菌を行っております。滅菌の基本は洗浄であり、洗浄剤や洗浄工程を評価しながら洗浄を行っています。滅菌機はオートクレーブ3台、EOG1台、プラズマ滅菌機を2台揃えています。
 安全な滅菌物の提供は、外来患者さん、検査・治療を受ける患者さん、手術を受ける患者さんの安全保障につながっています。スタッフは日々研鑽し、洗浄・滅菌の質の保証に努めています。

透析センター

人口透析室
透析センターは、看護師と臨床工学技士が協働し、より質の高い透析治療・看護の提供を目指しています。現在、外来維持透析患者さん90名、入院患者さん30名程が透析治療を受けており、治療体制は、月曜日~土曜日まで1部(午前開始)と2部(午後開始)の2部体制です。
患者さんの療養環境及び治療の質を重視し、平成28年10月にリニューアルオープンしました。感染症等の隔離用個室を2部屋、重症患者さん用のハイケアブースを完備しました。また、腹膜透析専門外来は、透析センターに隣接し、清潔な環境で落ち着いて腹膜透析が行える部屋を用意しました。
腹膜透析は全国で10カ所のみの教育研修施設に認定され、4名の認定指導看護師を中心に、自宅で安心して腹膜透析治療が継続できるように指導やアドバイスを行っています。

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧