函館五稜郭病院

教育制度

教育制度

入職前からのシームレスな教育体系。
あなたのやる気を継続してサポートします。

-【階層別研修】-

入職前研修

 内定から入職までの期間、少しでも不安を取り除いていただき病院の雰囲気を知ってもらうため、入職前研修を実施しております(職場体験、グループワークなど。内容は年度によって異なります)。

新入職員研修

 毎年4月、新入職員を対象に新人研修を行っています。初日から数日間は、医療技術職・看護職も含む全ての新人職員が集まり、病院長の講話や各部門の医療スタッフからの講義、グループワーク、防災訓練などを実施します。充実した教育研修はもちろん、これからの社会人生活をともにする同期職員との交流の場ともなっています。
研修1 研修2

新人フォローアップ研修

 入職後6ヶ月目を迎えた職員を対象にフォローアップ研修を行っています。配属後の半年を振り返り、今後の目標の再認識や同期職員との情報の交換・共有がねらいです。医療部・事務部合同で外部講師による講義・グループワーク研修を行っています。

研修3

2年目研修

 新人フォローアップ研修の約1年後に、2年目職員としての自覚を再認識し今後の成長を促すための研修です。日頃関わりのある部署を1日間訪問する現場体験研修を行っています。ある程度業務に慣れてきた時期に行うことで、自分の部署の業務との関連性や今後の自分の役割や課題について学ぶ機会としています。

管理者・役職者研修

 各職場におけるコアスタッフとしてよりステップアップしてもらうために実施している研修です。部下・後輩育成、教育・指導、マネジメント等に関する意識向上を狙いとして、外部講師による講演やグループワークによる研修を毎年実施しています。

研修

-【その他】-

接遇プロモーターによる接遇改善活動

 病院は医療を提供するサービス業です。患者さんにとって病院職員の接し方や対応は病院を評価するうえでもとても重要な要素です。当院では、各部署に接遇改善の推進役となる「接遇プロモーター」を設け、それぞれの職場ごとに接遇改善に努めています。定期的に接遇プロモーターが集まり、お互いの改善状況や悩み、今後の課題等を共有しあう「接遇ミーティング」を行っています。

研修

院内研究発表会

 業務改善事例、企画・アイディアが形となった事例、研究・分析事例などを発表および評価し合うことで、医療や病院運営の質の向上を目指すべく年に1回、院内研究発表会が開催されています。この発表会には職種、部門に関係なくすべての職員が参加可能であり、日頃の成果を発揮する良いチャンスとなっています。

研修

各種講演会

 当院では職員の知識・医療の質の向上のため、定期的に外部講師の方を招き、様々な分野の講演会を開催しています。こうした講演会は外部からの貴重な情報収集の場として、職種によらず誰でも参加できます。

研修

 当院では、教育研修委員会が中心となり、これまでの研修の積み重ねと現状・病院職員としてあるべき姿などを熟慮し、必要に応じて研修内容及び枠組みを見直しています。このように教育研修を企画・実施するのも、マネジメントスタッフの重要な役割の一つです。

page top