採用活動コンセプト

採用コンセプト

採用コンセプト

「病院で働く事務スタッフ」と聞いて、どんな仕事をイメージしますか?
外来の受付、カルテを運んだり請求書を作ったりする仕事・・・
皆さんが病院で出会う職員は医師や看護師がほとんどですから、
そのようなイメージを抱かれる方がほとんどだと思います。
もちろんそれらも事務スタッフとして欠かせない仕事ですが、
実は函館五稜郭病院で働く事務スタッフには
「病院経営・病院運営をリードする」という重要な役割があるのです。
医療マネジメントを通して地域貢献するクリエイティブな仕事。
病院を医療マネジメント・経営管理という面から支える仕事。
病院経営のブレーン的な役割を担う仕事 ―。
“ホスピタル・マネジメント”という仕事を通して、 私達と一緒に「やりがい」を感じてみませんか?

マネジメントスタッフの必要性

昨今、少子高齢社会の進行、長引く経済不況、患者ニーズの多様化など、医療を取り巻く環境はより厳しさを増しています。よって、今後はより医療機関の淘汰が進んでいくものと思われます。しかし、自分の暮らす地域に病院が一つもなかったらと想像してみてください。患者さんは遠方の病院まで行かなければなりませんし、住民の誰もが安心して暮らしていくことに不安を感じると思います。このように、地域から病院がなくなることは、そこに暮らす人々に甚大な迷惑を掛けることになるのです。
 だからこそ、私たちはより強固な経営・適正な運営を行っていく必要があります。具体的には、よりムダなく効率的な経営を行うとともに、肝心の医療の質を落とさないような管理体制の構築が求められます。
 医療は統制経済下にあるとも言われます。医療機関の収入源となる診療報酬体系※を決めているのが国だからです。つまり、私たちは、経済情勢や国の動向・方針等を短期的あるいは長期的にチェック・把握しながら、自院における課題や目指すべき方向性を能動的に発見(キャッチ)し、組織内で展開(各部門への説明や体制づくり等)を図っていかなければなりません。この役割を担うのが、まさしく”ホスピタル・マネジメントスタッフ”なのです。
※手術や投薬など全ての医療行為に対して診療報酬(1点=10円)が決められており、医療機関ではそれらが定められた診療報酬点数表に従い実際に行った医療費を請求する仕組み。

マネジメントスタッフの仕事

皆さんもご存知の通り、患者さんに医療を実際に提供するのは医師や看護師などの医療スタッフです。しかし、病院においては事務スタッフにも重要な役割があります。函館五稜郭病院では、事務スタッフは「病院経営、病院運営(=ホスピタル・マネジメント)」を担う職種と位置づけています。下図にある通り、病院が継続的に医療を提供し、地域住民に安心や信頼を持っていただくためには、「良質な医療を提供する」ことと、「適切な病院経営・病院運営(=ホスピタル・マネジメント)」の2軸が必要になります。民間病院は一般企業と同様に経営がうまくいかなくなれば倒産します。医療の提供と企業という視点からの病院経営を同時に行うことが非常に重要なのです。

ホスピタル・マネジメントの大きなイメージとしては、地域ニーズや医療情勢の把握、診療データの分析など行い、中長期的な戦略を立案しそれらを展開するというもの。しかし、組織運営や地域全体を考えるような大きな仕事だけでなく、患者さん一人ひとりのニーズを把握し改善していく仕事、受付業務や請求事務、物品管理など、事務部門で行っている仕事はたくさんあります。それらひとつひとつを重ねたものが「ホスピタル・マネジメント」なのです。

求める人材像

函館五稜郭病院が求める人材像として3つを掲げています。
 まず一つ目に「熱意のある人材」です。仕事をするうえでは、
この熱意がすべての根源にあると言ってよいと思います。
「自分自身がこうなりたい」、「この企画を実現したい」、「患者さんに
こんなサービスをしたい」、「組織をもっと活性化させたい」―。
すべての前進はこのような熱意をエネルギーとして始まります。
そして1人の熱意は、病院組織や職員を動かすのです。そのため当然、
知識よりも熱意が優先されます。
なぜなら、熱意が知識を習得するからです。
 次に求めるものは、「創造型業務」をできる人材です。分かりやすく
言うと指示されたこと、決まっていることだけをやるのではなく、自ら進んで
業務を創造していく力を持っていることが求められます。もちろん指示されたこと、決まっていることを確実にできることも大事なことです。しかし、個々の創造性は組織の発展、個々人の成長には不可欠なものです。これは決してハイレベルなことを求めているのではなく、どんな業務でもちょっとした工夫改善ができるはずで、その意識を日々もち続けていくということなのです。個々人の工夫改善には無限大の可能性が秘められているのです。
 次に求めるものは、「コミュニケーション能力」のある人材です。函館五稜郭病院には約900人以上の職員がいます。医師や看護師、診療放射線技師、薬剤師、臨床検査技師など多くの医療スタッフ、そして事務スタッフが働いています。とくに事務スタッフはそれら多くの職員と関わり、連携を取りながら仕事を進めていくことが多いため、コミュニケーション能力がとても大切なのです。また、函館五稜郭病院には毎日数多くの患者さんが来院し、いろいろな場面で接することがあります。以上から事務スタッフにとってコミュニケーション能力とは、とても重要で欠かせないものとなっています。

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧