医療情報課

医療情報課

医療情報課

医療情報係

photo1
皆さんが病気になって受診した時、医療費の自己負担割合が何割になっているか知っていますか?病院に来るとはじめに窓口で健康保険証の提示を 求められると思います。一般的に医療費の3割は患者さんへ、残りの7割は健康保険証の発行元へ請求されています。
 医療情報係では主に入院患者さんの請求業務を行っています。ルーチン業務として、入院中に行った医療行為を国で定められている点数表(※診療行為は全て点数化されており、1点10円で計算されます)を基に計算し、患者さんへは入院費の自己負担分を、保険者(健康保険証の発行元)へは「レセプト」と呼ばれる診療行為の明細書を作成してそれぞれ請求しています。
 実際には患者さんが利用する健康保険に加えて高額医療制度や各種医療助成などもあり、負担割合は様々なため、医療保険制度をしっかりと理解することが医療情報課員としての第一歩となります。
 その他にも電話対応や窓口業務での様々な問い合わせへの対応や、調査データの統計等、業務範囲は幅広く、更には2年に1度行われる診療報酬改定(点数表の改定)等に備えて、医療情勢を的確に捉え病院の体制を整える役割もあります。

函館五稜郭病院の請求形態とその特徴

ところで、就職説明会等で聞かれているかもしれませんが、函館五稜郭病院では平成20年4月よりDPC制度に基づいた診療報酬請求を行っています。DPCとは一般的には「急性期入院医療の診断群分類にもとづく1日あたりの包括評価制度」です。詳しくは別の機会にしますが、このDPCによる請求は「情報」というキーワードが非常に重要になります。
 DPCはその導入効果として主に以下があげられます。
DPCの効果 *自院の位置付けを把握でき、自院と他院との経営や治療成績を客観的に判断できる(ベンチマーク)
*医療のコスト管理、ムダの削減、生産性の向上など経営マネジメントに寄与する
*院内の情報化を推進する
*医療の質の向上を推進する
このような流れもあり、医療情報課の役割も変化を求められています。これまでは単に診療行為を点数化し請求するような定型的・作業的業務が中心でしたが、今後はDPCにより得られた診療情報の分析を基に、専門的見地から医師やコメディカルスタッフにその情報をフィードバックする診療支援部門として、病院経営への影響度の大きい業務へと変化しつつあります。

診療情報管理係

photo1
診療情報管理とはカルテやフィルム等診療記録の作成・保管方法、さらにはそこから読み取れる情報の有効活用を行う分野で、ここ数年全国的に注目が高まっている業務でもあります。函館五稜郭病院では平成14年末、当該業務を専門で行う有資格者(診療情報管理士)を配置する等してそれまで物的管理に限定されていたカルテ庫の機能拡張を行いました。これが現在の診療情報管理係の前身である診療情報管理室となっています。
 基礎的な業務としては、退院後のカルテを点検して製本することや、必要時にカルテを出庫することが挙げられます。また製本時には患者さんの病名をICD10というコードに変換してデータベース化します。ICD10は全世界共通のコードで、全ての医療機関が共通の基準で使用できるのが長所です。データ抽出や病院間比較のインデックスとして役立つほか、現在では診断群分類(DPC)別の医療費包括支払制度等の多くの用途で使われ始めています。
 その他では平成20年度よりがん患者の情報をデータベース化する「院内がん登録」の取り組みを開始し、平成21年4月からは地域がん診療連携拠点病院に認定されるなど、地域のがん治療の中核を担う函館五稜郭病院の活動に寄与しています。

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧