資材課

資材課

資材課

早期に情報を収集・活用し、クオリティの高い患者サービスを提供

photo1
医薬品や注射針等の医療に必要な物品からコピー用紙等の消耗品の果てまで病院で必要とされるあらゆる物品の調達(購入)を担当している部門です。物品の調達には、高度医療機器といわれるMRIや手術ロボット等の高額な装置も含まれます。また建物の改築や改修など建物の保全管理も当課の重要な役割の一つです。
 資材課では現場から物品の購入要望を受け、各メーカーに物品を注文し現場に物品を届けていますが、メーカーとの価格交渉も重要な役割の一つです。近年、メーカーからの値上げ圧力が強く、価格交渉が難航するケースが多くなっていますが、日々粘り強い交渉でなんとか購入コストを抑制しています。資材課の使命は1円でもコストを抑制することですので、粘り強い交渉力は資材課職員に求められる資質の一つです。
 現在、一部老朽化した建物の改築工事を進めており2014年には工事が完了する予定です。このような改築も含め、建物の保全管理によって、患者さんと職員にとって少しでも快適な環境を提供していくことも資材課の大切な業務の一つです。

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧