情報システム課

経営企画課

情報システム課

 情報システム課の役割は、病院基幹システム(電子カルテシステム、医事システム、RIS/PACS等)を安定稼働させること、さらにはシステムをソフト・ハードの両面からより現場に即した効率的・標準的なものに改善していくことです。また、システムで日々発生する膨大なデータを二次利用が可能な価値ある情報に加工することも重要です。

<日々の点検と更新計画>

システムの安定稼働のために、日々の点検業務は欠かせません。各種サーバーやネットワーク機器の物理的な目視点検や、システム監視ツールやエラーログの確認を毎日行っています。また、システム稼働している全てのハードについて購入時期と次回の更新予定を管理することで、システム全体のバージョンアップ計画も合わせて行うことができます。

<システム導入>

院内の各部門と協調しながら新しいシステムを導入することは、当課にとって重要な業務です。中でも2015年6月に稼動した電子カルテ導入作業は、当課始まって以来最大のイベントとなりました。

<データの二次利用>

患者さんに必要な医療を安全・確実に提供するには、臨床現場で日々行われている医療行為と結果を継続的にモニタリングしなければなりません。そのためにはモニタリングする客観的なデータが必要であり、そのデータを蓄積・活用する手法としてDWHを構築しています。また、膨大なデータを院内の各専門職やチームが如何に活用するかが重要であるため、これまでに行ってきた活用方法を「事例紹介」で院内に周知すると同時に、現場から上がってくるデータ活用の相談に積極的に携わっています。

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧