函館五稜郭病院

研修プログラムの特徴

臨床研修のご案内 医科臨床研修医

研修プログラムの特徴

研修プログラム
  • 1.1年次は基本研修科目を研修。内科研修期間6ヵ月(消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科を1~2ヶ月毎にローテート)、外科3ヶ月(一般外科2ヶ月、脳神経外科1ヶ月)、救急1ヶ月(麻酔科にて気管挿管実習)、麻酔科1ヶ月、精神科1ヶ月(函館渡辺病院にて研修)。
  • 2.2年次は小児科(函館中央病院または市立函館病院で研修)、産婦人科、地域医療(ななえ新病院、松前町立松前病院、北海道立江差病院のいずれかで研修)を必修科目とし、残り9ヶ月は自由選択研修。
  • 3.救急研修について、麻酔科にて救急基本手技実習を1ヶ月間行うほか、2年間で40日分以上の救急指定日の救急外来実習を行うことで計3ヶ月分の救急研修とみなす。
  • 4.松前町立松前病院(地域医療)、函館新都市病院(脳神経外科)、函館脳神経外科病院(脳神経外科)での外部研修を2年次に選択可。
  • 5.モーニングレクチャー、CPC、救急症例検討会、海外病院視察研修(1週間程度)、道南レジデントセミナー、各診療科のカンファレンス、研究活動、研修医による症例検討会や院内勉強会など研鑽の機会が充実。

臨床研修の理念・基本方針

【理念】
 医師としての人格を涵養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる外傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身に付ける。
【基本方針】
  • 1.医師としての基本的な診療能力(態度、知識、技能)を身に付ける。
  • 2.医学の進歩に対応した診療能力向上を図るための基礎を培う。
  • 3.高い倫理観と責任をもって、プライマリ・ケア、全人的医療を実践する。
  • 4.職種間の協調性を保ち、チーム医療を実践する。
  • 5.医療現場での安全認識、院内感染対策を理解し実践する。
  • 6.患者及び家族の心理的、社会的側面への理解を深め、最善の対応を実践する。
page top