診療内容の紹介 循環器内科
-心房細動の治療について-

循環器内科

1.心房細動とは

私たちの心臓は1秒間に約1回の割合(50~60回/分)で収縮し、洞調律とよばれる規則正しいリズムを刻んでいます。心房細動は不規則な興奮が多発し、心房が痙攣を起こした状態になる不整脈です。
 心房細動は加齢とともに増加し、70歳以上では10~20人に1人が心房細動といわれています。心房細動では脈拍のペースがバラバラになるため、動悸感や胸の違和感・圧迫感の原因となります。さらに長期間続くと心不全になってしまうこともあります。もう一つの大きな合併症は塞栓症です。心房内に血液の「よどみ」が出来るため、血栓ができやすくなり、脳梗塞の原因となります。

脳塞栓
心房細動の病期

2.心房細動の治療方法

①薬物療法薬物療法
・抗凝固療法: ワーファリンに代表される血栓予防薬で、血液をサラサラにすることにより、血栓が出来にくくする治療。
・リズムコントロール(抗不整脈薬): 薬物により正常な心拍(洞調律)を維持しようとする治療。
・レートコントロール(心拍調節): 心房細動自体を止める効果はないものの、薬物により心拍数が速くなり過ぎないように調節する治療。
②非薬物療法
・電気的除細動: 電気ショックにより、心房細動を停止させる方法。一時的に停止するが、再発が多い。
・外科手術(メイズ手術): 手術で心房細動を治療する方法。通常は他の心臓手術と同時に行います。
・カテーテルアブレーション治療: カテーテル(3mm程度の細い管)を心臓に挿入し、原因となる部分を高周波で治療する方法。

3.心房細動のカテーテルアブレーション治療

①カテーテルアブレーションとは

 カテーテルアブレーションとは、足の付け根などから心臓にカテーテルを挿入し、不整脈の原因となる部分を高周波で焼灼する治療法です。
 心房細動の原因となる刺激(期外収縮)のほとんどは、左心房にある肺静脈から出ており、心房細動の治療では引き金となる肺静脈を電気的に隔離する治療を行います(肺静脈隔離術)。
 カテーテルを挿入する部位には局所麻酔を注射し、治療中は静脈麻酔を併用して眠った状態となります。治療には4~5本のカテーテルを使用します。
 治療時間は3~4時間程度で、治療終了後は翌日までベッド上安静となります。入院期間は4~5日間程度です。

カテーテルアブレーション

②再発と合併症

 心房細動アブレーションでは、治療を行っても約2~3割の患者さんでは再発し、2回目のアブレーションを必要とすることがあります。また、心房細動の持続期間が長い場合には再発率も高くなります。
 アブレーション治療では、稀に合併症が起こる場合もありますが、緊急処置の出来る体制で治療を行っています。

主な合併症
・心タンポナーデ:心臓や血管に傷がつき、心臓の周りに血液がたまる合併症。(1~2%)
・脳梗塞:心臓から飛んだ血栓が、脳血管を閉塞する合併症。(0.2~0.3%)
・仮性動脈瘤:カテーテル挿入部の大きな内出血による合併症。(0.5~1%)

③治りやすい心房細動と治りづらい心房細動

 心房細動のアブレーション治療では、左心房のサイズが大きい、高齢、持続期間が長い場合には、再発が多いことが言われています。 左心房の拡大がなく、70歳以下、持続期間が1年以内の場合には、治りやすい心房細動と言えます。

スコア別に見たアブレーション後の心房細動非再発率

スコア別に見たアブレーション後の心房細動非再発率

Winkle RA, et al. Heart Rhythm 2016; 13: 2119

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧