函館五稜郭病院

肺癌を疑う末梢肺病変に対して極細径気管支鏡(MP290F)における経気管支吸引針生検(EBUS-UT-TBNA)と鉗子生検の併用の有用性を明らかにするための後ろ向き観察研究

函館五稜郭病院 > 臨床研究の実施状況 > 肺癌を疑う末梢肺病変に対して極細径気管支鏡(MP290F)における経気管支吸引針生検(EBUS-UT-TBNA)と鉗子生検の併用の有用性を明らかにするための後ろ向き観察研究

お臨床研究

臨床研究の実施状況

課題名 依頼者 症例数 実施科 期間
肺癌を疑う末梢肺病変に対して極細径気管支鏡(MP290F)における経気管支吸引針生検(EBUS-UT-TBNA)と鉗子生検の併用の有用性を明らかにするための後ろ向き観察研究 函館五稜郭病院 50例 呼吸器内科 2020/11/17~2021/12/31
page top