函館五稜郭病院

公式SNS
Facebook
Twitter

薬剤管理指導業務

薬剤科

新人教育

 当院の新人教育はOJT(On the Job Training)で行っています。担当の指導薬剤師と共に、年間スケジュールに沿って作成された進捗チェックリストに従い、週間スケジュール及び1日スケジュールを組み立てて進めていきます。不明な点などは、その都度指導薬剤師を中心に、薬剤師全員でフォローしていきます。 また、1ヶ月に数回は新人の方と進捗について話し合う機会を設けており、苦手な点や個々人の習得度合いを考慮し、その都度スケジュール調整も行っています。
ICU以外の各病棟に2名~3名担当薬剤師を配置しており、病棟ごとに様々な入院科が割り振られて、病棟によって疾患患者が異なります。 服薬指導業務や病棟業務の習得では、全ての病棟における業務を体験した後、担当病棟を決めます。病棟担当を決める際は、新人薬剤師から担当したい病棟の希望を募り、極力希望に副った病棟を割り当てます。 各病棟に先輩薬剤師がいるので、フォローを受けながら安心して病棟活動を実施しています。
日々の業務はすべてスケジュール管理されており、誰が何の業務を何時まで担当するのか薬剤師ごとに割り当てられます。 新人薬剤師は、年間の教育スケジュールに沿って1つ1つ業務の習得し、おおよそ1年間ですべての基幹業務を行えるように成長できます。

学会出張

 日本医療薬学会や日本癌治療学会、日本緩和医療学会など、年に全国数十ヵ所で様々な学会や薬学大会が行われます。薬剤師としてのスキルアップや資格更新・取得のために、経験年数を問わず学会出張を行っています。参加したい学会の希望を募り、年に1人1回は参加できる体制を組んでいます。他施設での取り組みや、考え方を知るとても良い機会となり、日々の業務の活力になります。
参加学会 例
日本医療薬学会
医療薬学フォーラム
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会
日本緩和医療学会
日本化学療法学会
日本静脈経腸栄養学会
日本腎臓薬物療法学会
日本精神薬学会
日本くすりと糖尿病学会学術集会
日本臨床救急医学会総会・学術集会

専門・認定薬剤師

当院は、薬剤師のキャリアアップ形成を積極的に支援します。なお、専門・認定資格の取得や継続に要する出張等の費用は、病院が負担します。
 ※2020年9月における資格取得状況  
 がん薬物療法認定薬剤師   
 外来がん治療認定薬剤師   
 緩和薬物療法認定薬剤師   
 腎臓病薬物療法認定薬剤師   
 精神科専門薬剤師
 認定実務実習指導薬剤師

学会発表・論文投稿

 当院では、患者様のQOLや医療の質の向上につなげる事が出来た取り組みなどについて、各種学会発表や論文投稿を積極的に行っています。院外への情報発信を意識した活動は、薬剤師が効率的かつ、高いモチベーションを維持して生涯学習に取り組むためにも重要です。
学会発表・論文投稿の実績例

ベンゾジアゼピン系薬剤の長期使用に対する医師への情報提供と効果
第三回日本精神薬学会 2020年
腎機能低下時に最も注意が必要な薬剤が処方されている患者の血清クレアチニン検査の実施率
日本腎臓病薬物療法学会誌 2019年
軽度催吐性リスクの抗悪性腫瘍薬併用療法時の制吐療法の実態に関する多施設共同調査
癌と化学療法 2019年
継続した薬物治療管理に向けたCKD病診薬連携の構築-CKDシールを活用した腎機能情報共有化の取り組み-
日本腎臓病薬物療法学会誌 2018年
薬剤管理指導依頼のクリニカルパスへの組み込み
日本クリニカルパス学会誌 2018年
オピオイドによる難治性嘔気・嘔吐に対するオランザピンの検証
日本癌治療学会学術集会 2018年 薬・薬連携から得た外来患者の疼痛状況の評価
日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集 2018年 患者転帰に関わる指標~NPC/N比がもたらす結果の考察~
日本静脈経腸栄養学会雑誌 2018年

症例報告会

新人薬剤師を含めて、症例報告会を月に1回程度、定期的に行っています。病棟や外来での薬剤管理指導時に関わった症例について、情報共有や今後の治療方針について活発な議論が行われます。 症例報告会は、薬剤師としての知識の向上と、若手薬剤師の教育としても非常に役立っています。

  • 薬剤管理指導1
  • 薬剤管理指導2

がん薬物療法認定薬剤師研修施設

 当院は日本病院薬剤師会より「がん薬物療法認定薬剤師研修事業に係る研修施設」の認定を受けています。 当院にて「3年以上、がん薬物療法業務に従事」することで「がん薬物療法認定薬剤師認定申請資格」を得ることが出来ます。 また、道南唯一の「がんゲノム連携拠点病院」であり、慶応大学病院とのカンファレンスに参加、がんゲノム医療についても学ぶことが出来ます。 がん薬物療法認定薬剤師、外来がん治療認定薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師が在籍しており、実務を通してレジメン管理から患者指導まで学ぶことが出来る環境となっています。

ハイリスク薬のチェックシート
page top