函館五稜郭病院

公式SNS
Facebook
Twitter
LINE

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)-人生会議-

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)

アドバンス・ケア・プランニング(ACP:Advance Care Planning)とは、もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて前もって考え、家族や信頼している人、医療者などと繰り返し話し合い、共有する取り組みのことです。

厚生労働省では、ACPを身近に感じてもらえるよう「人生会議」という愛称を付け、普及・啓発活動を行っています。

人生会議の「大切な理由」

人はみな、いつでも、大きな病気やケガをして、命の危険が迫った状態になる可能性があります。

命の危険に迫った状態になると、これからの治療やケアなどについて自分で決めたり、人に伝えたりするのが出来なくなると言われています。

治療やケアに関する考えを、あなたの大切な人や医療・介護者などと話し合っておくと、もしもの時に、あなたの考えに沿った治療やケアを受けられる可能性が高いと言われています。

人生会議の「考え方」

人生会議(話し合い)は、心身の状態によって意思(お気持ち)は変化することがありますので、何度でも繰り返し話し合うことが大切です。

しかし、このような取り組みは、個人の主体的な行いによって考え、進めるものです。今このような話し合いは必要ないかもしれません。

また、知りたくない。考えたくない方は、無理して考える必要はありません。「知りたくない」「考えたくない」などのお気持ちについても、遠慮せず医師や看護師にお伝えください。

人生会議の「進め方」

1.考えてみましょう

もし生きることが出来る時間が限られているとしたら、あなたにとって大切なことはどんなことですか?

  • □痛みや苦しみがないこと
  • □少しでも長く生きること
  • □身の回りのことが自分で出来ること
  • □好きなことが出来ること
  • □仕事や社会的な役割が続けられること
  • □ひとりの時間が保てること
  • □家族や友人のそばにいること
  • □家族の負担にならないこと
  • □経済的に困らないこと
  • □出来る限りの治療が受けられること
  • □分からない
  • □その他

2.信頼できる人が誰かを考えてみましょう

例えば・・・配偶者、子供、きょうだい、親、親戚、友人、医療・介護者など

あなた自身のことをよく理解してくれ、信頼出来る家族や友人で、病状などによりあなたが考えや気持ちを伝えられなくなった時に、あなたの代わりに「どこで、どのような治療やケアを受けるか」など相談し合う人のこと

3.主治医や看護師に質問してみましょう

1)あなたはご自身の病名・病状を知っていますか?
  はい/いいえ

2)あなたは病気の予想される経過や余命を知りたいですか?
  知りたくない/知りたい/分からない

3)上記のように考えた理由はなんですか?

4.話し合いましょう

病状の悪化などにより、自分の考えを伝えられなくなった場合、どのような治療を望みますか?あなたの考えはどれに近いですか?

・延命を最も重視した治療

心肺蘇生、気管挿管、人工呼吸器の使用など出来る限り長く生きることを重視した治療

・延命効果を伴った基本的、一般的な治療

心肺蘇生、気管挿管、人工呼吸器の使用などの治療・処置までは希望しないが、少しでも長く生きるための治療

・快適さを重視した治療

治療による延命治療を期待するよりも、出来る限り苦痛の緩和や快適な暮らしを大切にした治療

病状の悪化などにより、自分の考えが伝えられなくなった場合に、どこで治療やケアを受けたいですか?

病院/自宅/施設/その他

5.伝えましょう

病状が悪化し、自分の考えが伝えられなくなった時、あなたが望んでいたこととあなたの信頼出来る家族や友人の考えが違う時はどうしてほしいですか?

  • ・私が望んだとおりにしてほしい
  • ・私が望んでいたことを基本として、医療・介護従事者と信頼出来る家族や友人で相談して決めてほしい
  • ・私が望んでいたことと違っても、医療・介護従事者と信頼出来る家族や友人で相談して決めてよい
  • ・どちらともいえない

困ったときには

「もしものときのために」や「人生会議」について悩んだり困った時には

当院では、「もしものときのために」や「人生会議」について、患者さんやご家族などが、取り組むことが出来るように支援させていただいております。

悩んだり困った時は、お気軽に主治医やお近くの医療スタッフや緩和ケアチームにご相談ください。

page top