函館五稜郭病院 > 病院指標

平成28年度 函館五稜郭病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数5382022254189001352296731311920289
◆定義
 集計期間に退院した患者さんの年齢階層別(10歳刻み)患者数です。年齢は、入院した時点での年齢で集計しています。
◆解説
 当院は地域がん診療連携拠点病院であり、また道南医療圏における急性期医療の中核として、がん医療・救急医療を中心とした質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんへ提供しております。中でも70歳代は最も多く、60歳以上の患者さんの占める割合は全体の約7割となっており、地域の高齢化を反映しています。
また、0~9歳の区分が多くなっているのは、当院で分娩された新生児患者の入院によるものです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060050xx97x0xx肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし11315.5611.744.4272.94
060340xx03x00x胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし10311.4611.066.8073.60
060020xx99x00x胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし759.4711.205.3373.72
060020xx04x0xx胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし549.789.020.0070.89
060035xx99x00x結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし477.517.200.0073.57
◆定義
 診療科毎に症例数上位5つの診断群分類について集計しています。
 DPC包括対象外の症例(短期滞在入院基本料3、労災保険、自賠責保険の患者さん等)は対象外となっています。
10件未満の症例については‐(ハイフン)が記入されており、上位5つが全て10件以下の診療科については掲載していません。
 他の診療科についても以下の定義は同様です。
◇DPCコード
 DPC(診断群分類)の情報は14桁のコードで表します。傷病名と治療行為の組み合わせによって分類されるため、同じ疾患でも治療行為が変わればDPCコードは異なります。
◇DPC名称
 どのような疾患と治療行為で分類されているかを表します。
◇平均在院日数(自院)
 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
◇平均在院日数(全国)
 厚生労働省より公表されている平成28年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。
◇転院率
 該当する症例数のうち、当院から他院へ移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。
◇患者用パス
 DPCコードに対応した患者用パスについては将来的に公開していく予定です。
 パス(クリティカルパス)とは、一定の疾患や検査毎について、治療の段階や最終的に患者さん目指す状態に向けて最適と考えられる医療の介入内容をスケジュール表(パスシート)にしたものです。治療時に患者さんにお渡ししています。
◆解説
■消化器内科
 ①肝癌に対する血管塞栓術(癌に栄養を運んでいる血管を人工的に塞ぐ治療法)を目的とした入院。
 ②総胆管結石および胆管炎に対する内視鏡的乳頭切開術(内視鏡を十二指腸まで挿入し、胆管・膵管の出口にあたる乳頭部を切開し結石の除去等を行い、胆道が閉塞して起こる黄疸を軽減させる治療法)を行った入院。
 ③早期胃癌に対する精査や外科手術前の術前検査のための入院。
 ④早期胃癌に対する内視鏡的治療(ESD:内視鏡下に高周波電気メスを用いて粘膜下層を剥離し、病変部をより大きく深く切除する)の症例。
 ⑤大腸癌に対する精査や外科手術前の術前検査のための入院。
上記は全て入院症例ですが、外来で対応可能な直腸やその他大腸ポリープに対する内視鏡的治療では、「コールドポリペクトミー」と呼ばれるより遅発性出血の少ない低侵襲な治療も積極的に行っております。
 消化器内科の診療分野は、上部・下部消化管および肝胆膵疾患が多く、内視鏡検査やバリウム造影などの診断から、ポリープ・早期癌における内視鏡的治療、癌に対する化学療法に至るまで幅広く行っております。肝疾患に対する血管造影、肝動脈塞栓術、ラジオ波焼灼療法、胆道狭窄に対する経皮的肝胆管ドレナージ、ステント留置なども積極的に行っています。
 また内視鏡的大腸ポリープ切除術・粘膜切除術目的等の入院は、「短期滞在入院基本料3」に該当する手術のため、この指標の集計には含まれておりません。
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし1364.393.060.7467.87
050050xx02000x狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし836.014.712.4166.52
050210xx97000x徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし8112.2611.382.4779.23
050050xx99130x狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等23あり 副傷病なし794.665.941.2768.42
050130xx99020x心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし7531.6725.0221.3376.49
■循環器内科
 ①心臓カテーテル検査(カテーテルと呼ばれる細い管を使った検査)を行うための入院。
 ②心臓カテーテル検査の結果、治療が必要な症例に対して経皮的冠動脈形成術(先端に風船が付いたカテーテルで狭窄部を拡張する治療法)や経皮的冠動脈ステント留置術(ステントと呼ばれる金属製の編み目状のものを血管の内側で拡張し、支えとして冠動脈に留置する治療法)等の心臓カテーテル治療を行う症例。
 ③房室ブロックや洞不全症候群等の徐脈性不整脈に対して、ペースメーカー(植込み型の小さな医療機器で、鎖骨皮下に植え込みます。心臓の動きを継続的にモニターし、遅い脈拍を検出した場合は、ごく弱い電気刺激を送り、正常な脈拍に戻す治療法。)の移植や交換を行う症例。
 ④心筋シンチグラムと心臓カテーテル検査を併せて行う症例になっております。心筋シンチグラムとは、静脈に放射性同位元素を注射して放出される放射線を撮影し、心筋の血流やエネルギー代謝などを画像化する検査です。これにより虚血の部位、範囲や程度を明らかにして心臓カテーテル検査等の治療方針を決定します。
 ⑤心不全に対してシンチグラムを行い、カテーテル治療は行わず、点滴や内服薬の投与を中心に治療を行っている症例。
循環器内科では、上記のような狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患(冠動脈の閉塞や狭窄などにより心筋への血流が阻害され、心臓に障害が起こる疾患)の症例を多く診ています。 
 その他にも、特に緊急性の高い虚血性心疾患、不整脈疾患、重症心不全などの循環器救急疾患に対して24時間体制で対応し、迅速な診断、治療を行っております。また一方で高血圧や糖尿病などの生活習慣病への予防と管理に至るまで幅広く診療しております。
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx99040x肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし15315.9712.351.3169.23
040040xx9910xx肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし1503.583.680.6770.33
040040xx9905xx肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり6520.5419.240.0066.35
040040xx9908xx肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり6014.3212.010.0068.38
040110xxxxx0xx間質性肺炎 手術・処置等2なし5325.1119.925.6676.45
■呼吸器内科
 ①肺癌に対する治療として化学療法(抗癌剤療法)を行う入院症例。
 ②肺癌の確定診断を行うための検査入院(TBLB(経気管支肺生検):気管支にファイバーを挿入して粘膜の組織を採取し、病態の診断をする検査)。TBLB入院は退院時点で検査結果が出ていないケースが多く、その場合「疑い病名」としてDPCを決めますが、その際にも診断群は肺癌に分類されます。
 ③肺癌に対する治療として特定の抗癌剤を用いた化学療法(カルボプラチン+パクリタキセル)を行う入院症例。
 ④肺癌に対する治療として特定の抗癌剤を用いた化学療法(ペメトレキセドナトリウム水和物)を行う入院症例。
 ⑤間質性肺炎に対する治療を行った入院症例。薬物療法が中心で呼吸器リハビリテーションを行う場合もあります。
上記のように呼吸器内科で多い疾患は肺癌であり、地域がん診療連携拠点病院として肺癌治療に力を入れております。また、肺癌以外にも呼吸器疾患全般の診療を行っており、間質性肺炎、誤嚥性肺炎、細菌性肺炎等、肺炎症例も比較的割合が多くなっています。肺炎は高齢者に多くみられ、平均で2週間程度の治療を要します。
腎臓内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx02x00x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし798.658.8712.6671.47
110280xx02x1xx慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり4730.5337.0621.2870.13
110280xx99000x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし4316.5312.8411.6365.81
110260xx99x0xxネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし3233.6922.6718.7565.97
110280xx01x20x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術・処置等22あり 副傷病なし1932.0029.885.2665.74
■腎臓内科
 ①血液透析準備段階として内シャント造設(動脈と静脈をつなげて動脈の流れの良い血液を静脈血管に流す手術)を行うための入院症例。
 ②①に加えて、同じ入院期間に血液透析(機会に血液を通し、血液中の老廃物や不要な水分を除去し、血液をきれいにする方法)を導入した症例。
 ③慢性維持(既に血液透析を導入し、日常的に透析が必要となった状態)の血液透析もしくは透析導入前の患者さんに対して行う精査・加療目的の入院。
 ④ネフローゼ症候群を疑う場合に入院にて経皮的針生検(腎臓を細い針で刺して組織採取し、顕微鏡で評価を行う検査)を行った症例。
 ⑤腹膜透析(お腹の中に透析液を注入し、老廃物や不要な水分を透析液と一緒に排出する方法)を行うために連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術(お腹の中に透析液を注入するためのチューブを留置するための手術)を行い、同じ入院期間で腹膜透析の導入まで行う症例。
腎臓内科は慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、急性・慢性腎不全などの内科的腎疾患を中心に診療にあたっております。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060335xx02000x胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし1375.667.610.7361.51
060035xx01000x結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし8313.5815.922.4169.66
060020xx02x0xx胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし5711.1417.653.5168.98
090010xx02x0xx乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし487.3510.302.0859.40
090010xx03x0xx乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし474.796.590.0055.89
■外科
 ①胆嚢炎や結石に対して行う胆嚢摘出を目的とした入院症例。傷が目立たない低侵襲な腹腔鏡を使った手術を積極的に行っております。
 ②結腸癌(大腸のうち虫垂を含む上行から横行、下行、S状結腸までの癌)に対する結腸切除術を目的とした手術入院。
 ③胃癌に対する悪性腫瘍手術を目的とした入院症例。こちらも腹腔鏡を使った手術を積極的に行っております。
 ④乳癌に対して乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)を施行した症例。乳癌は乳房周囲のリンパ節にしばしば転移を起こします。乳癌の手術では腋窩部(脇の下)にあるリンパ節への転移を考慮し、この組織を採取して術中迅速診断を行います。これにより転移があった場合は、乳房切除と併せて郭清(乳房周囲のリンパ節をきれいに取り除くこと)を行います。
 ⑤乳癌に対して乳房を温存する乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)を施行した症例。非浸潤癌や浸潤巣の少ない浸潤癌で腋窩リンパ節転移がない場合が対象となります。
外科では上記のような消化器癌や乳癌を中心に外科領域における幅広い診療をしております。
 また鼠径ヘルニア手術目的の入院は、短期滞在入院基本料3に該当する手術のため、この集計には含まれておりません。
呼吸器外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx97x0xx肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし9116.2012.730.0069.57
040200xx01x00x気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし199.3210.090.0043.95
040200xx99x00x気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし104.609.140.0054.10
040150xx97x00x肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし-----
040010xx01x0xx縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし-----
■呼吸器外科
①肺癌に対して胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術を行った入院症例。
②気胸(肺に穴が開く疾患)に対しての肺切除術や肺縫縮術を行った症例。可能な場合は胸腔鏡を使用した術式を積極的に行っており、手術侵襲の軽減、術後の早期回復、呼吸機能の温存などの利点があり、とくに高齢や合併症を有するハイリスク症例では有用となっています。
③気胸に対して胸腔ドレナージ(気胸によって胸腔内に漏れてしまった空気を体外に排出するためのチューブを留置し機械につなげる治療法)を行った症例。
④肺膿瘍に対する胸腔鏡下肺切除術や胸腺のう胞に対する胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術等の症例。
⑤胸腺癌等に対して縦隔悪性腫瘍手術(胸腔鏡下を含む)を行った症例。
上記症例を含めて、呼吸器外科では低侵襲な胸腔鏡を用いるなどして呼吸器関連手術を行っております。
心臓血管外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050180xx97xxxx静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり442.343.340.0063.70
050163xx03x0xx非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし1914.7912.745.2677.53
050163xx99000x非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし165.258.766.2580.00
050080xx0111xx弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等11あり 手術・処置等21あり1448.8638.927.1472.36
050161xx9901xx解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり1421.5023.1614.2973.86
■心臓血管外科
 ①下肢静脈瘤(鼡径部(足の付け根のあたり)にある静脈(大伏在静脈)の弁が壊れると、静脈に血液が溜まりこぶのように膨らみ浮き出てきます。)対して不全弁を静脈ごと引き抜く手術(大伏在静脈抜去術)を目的とした入院症例。下肢静脈瘤手術(抜去切除術)目的の入院は、短期滞在入院基本料3に該当する手術のため、この集計には含まれておりません。
 ②胸部および腹部大動脈瘤(非破裂性)に対するステントグラフト(人工血管にステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管)内挿術を目的とした入院。ステントグラフトによる治療では手術による切開部を小さくすることができ,患者さんの身体にかかる負担が少なくなります。
 ③胸部および腹部大動脈瘤(非破裂性)に対して、手術療法を行わず精査(術前含む)のみを行った入院症例。
 ④大動脈弁や僧房弁などの弁膜症に対して行う弁置換術や弁形成術等の手術入院。
 ⑤急性大動脈瘤乖離で心臓カテーテル検査等の精査を行い、手術療法は行わず投薬治療を中心に加療が行われた入院症例。
 当科は平成8年より日本胸部外科学会における指定施設に選定され、現在は、心臓血管外科専門医認定機構の認定修練施設の基幹施設にも認定されております。上記の症例も含め年間350例以上の心臓血管外科関連の手術を施行しております。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等12725.2527.6380.3181.37
070230xx01xxxx膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等7324.1926.2628.7773.74
160620xx01xxxx肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等709.5311.910.0048.63
07040xxx01xxxx股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等5721.0024.420.0067.47
160760xx97xx0x前腕の骨折 手術あり 副傷病なし544.135.490.0057.87
■整形外科
 ①股関節周りの大腿骨近位部(脚の付け根付近)の骨折に対する骨接合術(折れた骨を金属の板やネジ等で固定する手術)等の骨折観血的手術を行った入院症例。
 ②変形性膝関節症への人工関節置換術(骨頭側だけでなく、関節窩側にも破壊・変形・癒着などがあって、動きが悪い、運動痛が強い、不安定で支持性が低いなどの障害がある場合に関節を金属やセラミックで作られた人工関節と入れ替えて関節機能の再建を図る方法)を行った入院症例。
 ③膝関節の内・外半月板が割れて保存的治療でよくならない場合に関節鏡下に半月板の一部を切除する治療法を行った症例。
 ④変形性股関節症や大腿骨頭壊死等に対して、人工関節置換術や人工骨頭挿入術(股関節の大腿骨頭が壊れ、保存的治療が難しい場合に、これを金属の人工骨頭と入れ替えて関節機能を取り戻す治療法)等を行った入院症例。
 ⑤前腕の骨折(橈骨遠位端骨折)に対して骨折観血的手術(保存的加療が難しい場合に、骨折部を開いてワイヤー、ネジ、金属プレート等を使って骨折部位を固定する方法)を行った症例。
当科では上記のような症例を中心に、手術においてはより安全により低侵襲でより高い治療効果のある手技(肩、膝、肘、手、足関節に対する鏡視下手術、人工関節に頼らない自家骨温存手術、人工股・膝関節置換術におけるナビゲーションシステムの使用など)を取り入れ、また術前後のリハビリを積極的に行ない早期の機能回復をめざしております。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140010x199x00x妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし2016.186.180.000.00
040100xxxxx00x喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし375.006.420.004.38
140010x299x0xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし329.9111.553.130.00
0400801199x00x肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし315.235.790.003.19
150010xxxxx0xxウイルス性腸炎 手術・処置等2なし313.615.500.006.52
■小児科
①標準よりも低体重で生まれた場合や帝切児症候群、黄疸、羊水感染等の合併がある場合、母体に何らかの既往疾患がある場合など、分娩直後から入院が必要になった新生児(出生から28日目まで)で出生時体重が2,500g以上の場合。
②喘息発作に対して薬物療法を中心に加療を行う入院。
③分娩直後から入院が必要になった新生児(出生から28日目まで)で出生時体重が1,500g以上2,500g未満の場合。
④肺炎や急性気管支炎などに対して薬物療法を中心に加療を行う入院。
⑤ウイルス性腸炎(ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルス等)による小児の入院症例。
 小児科は周産期(妊娠22週から、生後7日未満までの時期)における新生児の管理から、中学生までの感染症をはじめ呼吸器疾患、消化器疾患、アレルギー疾患など幅広い分野への対応をしております。
 ※当院では平成29年4月より小児科常勤医師が不在となり、小児科診療を休止しております。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
11012xxx020x0x上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし1755.735.831.7160.92
110070xx0200xx膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし1037.897.440.9773.04
110420xx97xx0x水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし763.115.331.3272.33
110070xx02020x膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし645.647.850.0073.05
110080xx01x0xx前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし5412.5613.390.0067.80
■泌尿器科
 ①腎・尿管結石に対して尿管鏡を用いながらレーザーによって砕石を行うTUL(経尿道的尿管結石除去術)入院症例。
 ②膀胱癌において開腹せずに手術用内視鏡を用いて膀胱腫瘍を切除するTUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を行った症例。
 ③水腎症(尿路狭窄などの尿路通行障害により、尿の通り道や腎臓に尿が溜まってしまい拡張した状態)に対して尿管ステント留置術(ステントという直径1.5~2mm程の管を尿管に入れることで、尿管がふさがらないようにする治療法)を施行した症例。
 ④②の症例で、手術と併せて抗癌剤を膀胱注入した場合の症例。
 ⑤前立腺癌に対して腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術を行った入院症例。腹腔鏡手術は開放手術では約15~20cmの切開が必要なのに対して、約5~7cmの小切開で済むため非常に低侵襲な手術となっています。
 当院では、腎・尿路系疾患のDPC症例数が非常に多く、前立腺癌などに対しては内視鏡支援ロボット手術(ダヴィンチ)を受けることができます。
形成外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080007xx010xxx皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし503.284.280.0039.34
020230xx97x0xx眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし293.623.440.0072.28
070010xx010x0x骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし294.105.940.0054.03
090010xx05xxxx乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等176.887.910.0044.47
080006xx01x0xx皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし155.608.780.0077.07
■形成外科
 ①皮膚および皮下にできた腫瘍の摘出を目的とした入院症例。
 ②眼瞼下垂(まぶたが上がりにくい症状)や眼瞼痙攣などに対する外科的治療のための入院症例。機能面はもとより整容的にも配慮した手術を目指しております。
 ③四肢・躯幹にできた骨軟部腫瘍の摘出を目的とした入院症例。
 ④乳癌で乳房切除術を行った後に、組織拡張器による再建手術(シリコン製の皮膚拡張器を皮下に埋込み、数回に分けて生理食塩水を注入することで乳房部分の皮膚拡張を行う)やゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(大胸筋下にゲルが充填されたインプラントを挿入する)を行った入院症例。当院では人工乳房はもちろんのこと、使用基準を満たさない患者さんなどに対して自家組織移植を用いた乳房再建も行っております。
 ⑤皮膚癌に対して皮膚悪性腫瘍切除術を行った症例。 
 上記のような症例を中心に、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、様々な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、患者さんの生活の質“Quality of Life”の向上に貢献できるよう診療を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし355.975.500.0040.57
030230xxxxxxxx扁桃、アデノイドの慢性疾患269.508.120.0020.81
030400xx99xxxx前庭機能障害 手術なし245.085.248.3364.46
030350xxxxxxxx慢性副鼻腔炎239.357.470.0059.13
030150xx97xxxx耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり159.077.750.0055.73
■耳鼻咽喉科
①急性扁桃炎・扁桃周囲膿瘍に対して投薬治療を中心とした加療を行った入院症例。
②扁桃の感染や肥大、習慣性扁桃炎に対して両口蓋扁桃手術を施行した入院症例。
③末梢性めまい症やメニエール病等のめまいに対する投薬治療を中心とした入院加療。
④慢性副鼻腔炎に対して内視鏡下副鼻腔手術を行った入院症例。
⑤耳鼻咽喉科領域(喉頭、鼻腔、声帯、耳下腺)の良性腫瘍に対して摘出術を行った症例。
 耳鼻咽喉科では代表的疾患ではクリティカルパスを早くから導入しており、医療の標準化と質の向上を図っております。
 また近年増加傾向にある喉頭癌などの頭頸部癌の診断および治療も行っております。個々の患者さんに応じて手術、放射線療法、化学療法を行っており、放射線治療中の患者さんには、歯科口腔外科と協力して口腔ケアを行うことで口腔粘膜炎を予防している他、NST(栄養サポートチーム)の介入により、経口摂取が困難になった患者さんの全身状態改善なども積極的に行っております。
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx01xxxx子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等848.6110.050.0046.82
120010xx99x50x卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし835.004.920.0062.92
12002xxx99x40x子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし765.455.120.0060.25
120010xx99x70x卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし704.314.730.0061.91
120010xx99x40x卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし564.004.840.0064.16
■産婦人科
 ①子宮筋腫等の子宮良性腫瘍に対する手術入院。この症例では、年齢や患者さんの状況(手術後に妊娠を希望する場合等)に応じて、子宮全摘出術や筋腫だけを取り除く子宮核出術を行います。身体の負担が少なく入院日数も短い腹腔鏡や子宮鏡を用いた手術を多数手掛けており、腹部を全く切らない膣式手術にも力を入れております。
 ②卵巣癌に対する治療として特定の抗癌剤を用いた化学療法(カルボプラチン+ドセタキセル水和物)を行う入院症例。
 ③子宮頸・体部癌に対する化学療法(抗癌剤療法)の入院症例。
 ④卵巣癌に対する治療として特定の抗癌剤を用いた化学療法(ベバシズマブ)を行う入院症例。
 ⑤卵巣癌に対する治療として化学療法(抗癌剤療法)を行う入院症例。
  上記のように当科では、婦人科良性・悪性腫瘍の診断、手術、抗がん剤治療を数多く手掛けております。特に、内視鏡技術認定医のもと、子宮体がん、子宮筋腫、卵巣腫瘍などに対し、患者さんに身体の負担が少なく入院日数も短い腹腔鏡、子宮鏡を用いた手術を多数手掛けております。また保険外診療ではありますが、道南圏で初めてであり唯一の、ロボット支援下手術を行っておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。
また、当科では婦人科腫瘍(良性・悪性)以外にも周産期(妊娠管理・分娩・新生児管理)、産科手術といった産婦人科全般の診療を行っております。モットーは「妊婦さんに優しい産科」で、妊娠初期から満期まで毎回必ず超音波検査を行い、詳細に児の発育や異常の有無をチェックしております。また、患者さんに安心していただけるよう主治医制を採っており、妊婦健診から分娩までを責任をもって一貫した方針で診させていただきます。
分娩時は担当の助産師が、産婦さんの肉体・精神面に寄り添ってサポートし、安全で満足感のある出産へと導きます。また、産後の授乳やメンタル面などにも親身な対応をさせていただきます。
※当院では平成29年4月より小児科常勤医師が不在となっており、分娩についても一部制限事項がございます。詳細につきましては、当ホームページ上のお知らせ「当院でお産をご予約・検討中の方へ」をご覧いただくか、当院産婦人科外来・北2病棟まで直接お問合せ下さい。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌126393395237117
大腸癌7870951014615717
乳癌5857255105517
肺癌873211326914414317
肝癌13203830118917
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
◆定義
 5大癌と呼ばれる「胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌」の患者さんの延べ患者数を初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。
◇UICC病期分類
 国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。
◇再発
 「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者さんを診察した場合や、治療癌寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
◆解説
 当院ではどの癌腫においてもⅠ~Ⅱ期の患者さんが多く見られ、特にこの病期の胃癌や大腸癌に対しては内視鏡的治療が多く実施されており、患者さんへの負担が比較的少ない方法での根治が可能となります。ただしⅢ~Ⅳ期の患者さんも少なくはなく、大腸癌や肺癌ではⅣ期が一番多くなっています。乳癌に対しては根治術から化学療法や乳房再建まで、各々の状況に応じた治療を行っています。
 なお、UICC病期分類が不明に分類されている症例については、多くが治療前の検査入院に該当する患者さんとなっており、入院中に検査結果が出ていなかったり、遠隔転移の評価を退院後に実施する方針等で、当該入院中の情報だけでは病期分類までできなかったことなどが理由に挙げられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症229.4557.05
中等症10715.2077.21
重症3921.9282.36
超重症611.5087.50
不明00.000.00
◆定義
 成人市中肺炎(病院外で日常生活をしていた人に発症する肺炎)の患者さんの人数を重症度別に集計しています。集計においては「成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)」による重症度分類システムを用いています。なお、インフルエンザウイルス等のウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥により発生する肺炎・気管支炎等は集計対象外となっています。また小児肺炎も対象外です。
◆解説
 患者数が多いのは中等症となっています。重症度と平均在院日数のデータから、重症度が高いほど在院日数も延びる傾向が読み取れます。また重症度の平均年齢については軽症以外の項目はすべて75歳を超えており、このことから高年齢であることは重症化するリスク要因となり得るということが読み取れます。軽症については小児の入院により平均年齢が下がったことが予想されます。
 なお「成人市中肺炎診療ガイドライン」では、『軽症の患者さんは外来治療の対象となり入院適応ではない』となっておりますが、軽症の患者さんであっても先天性疾患や癌の既往があるなど重症化が危惧される場合には入院して頂くこともあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群-----
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群-----
I63$脳梗塞-----
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-----
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-----
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>-----
I679脳血管疾患,詳細不明-----
◆定義
 脳梗塞などの分類にあたる患者さんをICD-10別に集計しています。
 ※ ICD-10 : 国際疾病統計分類に基づいて、傷病名をコード化したものです。
◆解説
 当院では脳神経外科が休診中(平成28年病院指標集計対象期間時点)のため、入院中に脳梗塞等が発症した場合は速やかに連携医療機関と協力し、必要であれば転院の上加療して頂いております。
 平成29年4月より脳神経外科の診療が再開されたため、次回の病院指標公開では当院における診療データが反映されるものと思われます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)3800.921.571.0565.41
K6152血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)963.1511.842.0872.15
K688内視鏡的胆道ステント留置術814.9815.029.8874.64
K654内視鏡的消化管止血術542.8710.523.7071.31
K6532内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)531.587.230.0070.32
◆定義
 診療科ごとの手術について症例数上位5つを集計しています。
 10件未満の症例については‐(ハイフン)が記入されており、上位5つが全て10件以下の診療科については掲載していません。(当該項目については短期滞在入院
 他の診療科についても以下の定義は同様です。
◇Kコード
 診療報酬点数表のうち、手術術式の点数表コードです。先頭が『K』で始まるためKコードと呼ばれます。
◇名称(部位)
 手術術式の名称です。
◇平均術前日数
 入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。
◇平均術後日数
 手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。
◇転院率
 該当する症例数のうち、当院から他院へ移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。
◇患者用パス
 Kコードに対応した患者用パスについては将来的に公開していく予定です。
 パス(クリティカルパス)とは、一定の疾患や検査毎について、治療の段階や最終的に患者さん目指す状態に向けて最適と考えられる医療の介入内容をスケジュール表(パスシート)にしたものです。治療時に患者さんにお渡ししています。
◆解説
■消化器内科
 ①大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例。ポリペクトミー目的の1泊2日入院が典型的な症例。
 ②肝癌に対する血管塞栓術(癌に栄養を運んでいる血管を人工的に塞ぐ治療法)。
 ③胆道疾患や膵臓疾患に対して行われる手術である内視鏡的胆道ステント留置術。この手術は様々な病態で狭窄した胆道にチューブを通して拡張し、胆汁の流れを良くする手術です。
 ④消化管出血に対して行う内視鏡的止血術(出血部位を内視鏡下に確認し、電気メスやレーザー、止血クリップ等を用いて止血を行う方法)。
 ⑤早期胃癌に対する内視鏡的切除術(ESD:内視鏡下に高周波電気メスを用いて粘膜下層を剥離し、病変部をより大きく深く切除する)。
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)1083.764.812.7866.70
K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)583.819.765.1778.98
K616四肢の血管拡張術・血栓除去術504.105.326.0070.90
K5491経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)450.0014.602.2266.49
K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)450.1611.674.4471.29
■循環器内科
 ①狭心症や急性心筋梗塞などの虚血性心疾患に対して緊急性が高くない場合に、心臓カテーテル検査等の精査を行ってから日数を空けて経皮的冠動脈ステント留置術を行った症例。
 ②房室ブロックなどの徐脈性不整脈に対して、脈拍が一定数以下にならないように心臓に刺激を与える機械であるペースメーカーの移植術を行う症例。
 ③閉塞性動脈硬化症に対して四肢の血管拡張術(先端に風船が付いたカテーテルで狭窄部を拡張する治療法)を行った症例。
 ④急性心筋梗塞に対して緊急で経皮的冠動脈ステント留置術(ステントと呼ばれる金属製の編み目状のものを血管の内側で拡張し、支えとして冠動脈に留置する治療法)を行った症例。
 ⑤不安定狭心症に対して緊急で経皮的冠動脈ステント留置術(ステントと呼ばれる金属製の編み目状のものを血管の内側で拡張し、支えとして冠動脈に留置する治療法)を行った症例。
 循環器内科ではその他に、致死性不整脈に対するICD(植込み型除細動器)やカテーテルアブレーション等の治療も積極的に行っております。
呼吸器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6112抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合)2217.688.419.0970.36
K6181中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合)-----
K654内視鏡的消化管止血術-----
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)-----
K5131胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))-----
■呼吸器内科
①化学療法を行う際に、中心静脈から抗癌剤の点滴を行うために用いる機器の一種である「CVポート」を皮膚の下に埋め込む手術が呼吸器内科で最も多い症例となっています。
腎臓内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3内シャント又は外シャント設置術1407.929.3710.7168.94
K616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術305.034.4323.3373.23
K635-3連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術277.3716.963.7065.15
K029筋肉内異物摘出術-----
K6147血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)-----
■腎臓内科
①血液透析の際に用いる内シャントと呼ばれる動脈と静脈をつなげて動脈の流れの良い血液を静脈血管に流す手術。
②シャントトラブル(狭窄)の際に行われる、バルーンの付いたカテーテルを挿入して狭窄部位を拡張するPTAと呼ばれる手術。PTAは入院期間も短期で行われる手術であり、近年では外来で行われるケースも増えてきております。また他院にて維持透析管理をされている患者さんがシャントトラブルを起こした際にも積極的な受け入れを行っております。
③腹膜透析(患者さん自身の腹膜を利用して血液をきれいにする治療法)を行うために、腹腔内に透析液を流すためのカテーテルを留置する手術。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術1461.764.012.0562.28
K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術1205.7712.633.3370.19
K634腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)771.291.381.3062.26
K6335鼠径ヘルニア手術671.311.660.0062.78
K4762乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))491.102.670.0055.71
■外科
 ①胆嚢炎や結石などに対して腹腔鏡を使用して行う胆嚢摘出術。特に一つの孔で行う単孔式手術を積極的に行っており、より低侵襲な手術となっています。
 ②結腸癌(大腸のうち虫垂を含む上行から横行、下行、S状結腸までの癌)に対して腹腔鏡を使用して悪性病変や周辺リンパ節等の切除を行った症例。
 ③鼠径ヘルニアに対して行われる腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(腹腔鏡下に脱出しているヘルニア内容を戻したあと、ヘルニアを形成していた脆弱な部位をメッシュと呼ばれる網状の材料で固定する方法)。
 ④鼠径ヘルニアに対して行った開腹手術(③の手術操作を開腹により行う。再発例や下腹部の手術既往例など腹腔内に癒着があり腹腔鏡下に行うことが難しい場合に開腹手術を選択する)。
 ⑤乳癌に対して乳房の部分切除を行う手術で、腋窩部のリンパ節郭清を行わない症例。
 その他にも、甲状腺癌、食道癌、胃癌、肝癌、胆管癌、膵癌などに対する根治手術を中心とした集学的治療や、保険外診療として内視鏡支援ロボット手術(ダヴィンチ)なども行っております。
呼吸器外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K514-23胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)651.8315.660.0069.40
K5131胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))253.969.048.0049.44
K514-22胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)155.8011.930.0069.93
K514-21胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)111.8211.360.0069.00
K5132胸腔鏡下肺切除術(その他)-----
■呼吸器外科
 ①胸腔鏡を使用した肺癌に対する肺切除術(肺葉切除:肺葉を単位とする切除方法)
 ②胸腔鏡を使用した気胸に対する肺嚢胞手術
 ③胸腔鏡を使用した肺癌に対する肺切除術(区域切除:肺は右肺が10区、左肺が8区域に分類されているがこの区域に従った切除。高齢者で肺機能温存のために行われたり、肺葉切除まで必要ないと考えられる早期肺癌に対して行われることが多い。)
 ④胸腔鏡を使用した肺癌に対する肺切除術(部分切除:肺表層で辺縁に近い小病巣の切除)
呼吸器外科では低侵襲な胸腔鏡を用いるなどして呼吸器関連手術を行っております。
心臓血管外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K617-2大伏在静脈抜去術430.021.160.0063.86
K552-22冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上)2313.2216.134.3567.48
K5612ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)185.2811.1711.1176.33
K5553弁置換術(3弁)-----
K5551弁置換術(1弁)-----
■心臓血管外科
 ①下肢静脈瘤(鼡径部(足の付け根のあたり)にある静脈(大伏在静脈)の弁が壊れことで、静脈に血液が溜まりこぶのように膨らみ浮き出てくる)に対して不全弁を静脈ごと引き抜く手術(大伏在静脈抜去術)。
 ②冠動脈バイパス移植術は狭くなった冠動脈病変の先に新たに血管をつなげることにより、心筋への血流を増やす治療法。
 ③腹部大動脈瘤に対するステントグラフト(人工血管にステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管)内挿術。ステントグラフトによる治療では手術による切開部を小さくすることができ、患者さんの身体にかかる負担が少なくなります。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0821人工関節置換術(肩,股,膝)1601.3820.6815.0070.95
K0461骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)1274.6816.7260.6375.28
K0483骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿)511.202.200.0052.00
K0462骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)502.364.848.0063.46
K068-2関節鏡下半月板切除術491.143.140.0057.33
■整形外科
 ①肩・股・膝関節における変形性関節症やリウマチに対して行う人工関節置換術。
 ②肩甲骨・上腕・大腿骨の骨折に対して行う骨接合術(折れた骨を金属の板やネジ等で固定する手術)等の骨折観血的手術
 ③骨折等の手術で体内に留置した金属プレートやネジを抜去するための手術。
 ④前腕・下腿・手舟状骨の骨折に対して行う骨折観血的手術(保存的加療が難しい場合に、骨折部を開いてワイヤー、ネジ、金属プレート等を使って骨折部位を固定する方法)。

 ⑤膝関節の内・外半月板が割れて保存的治療でよくならない場合に関節鏡下に半月板の一部を切除する治療法を行った症例。
 整形外科では、肩や膝などについてはより安全で低侵襲な鏡視下手術等を積極的に取り入れ、専門性の高い先進的な治療を行っております。また、手術後にリハビリを継続的に行っていく必要があることから、他院への転院をお願いしているため、疾患によっては転院率が高くなっています。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7811経尿道的尿路結石除去術(レーザー)1841.453.932.1761.32
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)1731.864.471.1673.43
K783-2経尿道的尿管ステント留置術1300.912.456.9270.55
K843-4腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる)542.079.520.0067.44
K773-2腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術362.507.860.0069.61
■泌尿器科
 ①腎・尿管結石に対して尿管鏡を用いながらレーザーによって砕石を行うTUL(経尿道的尿管結石除去術)
 ②膀胱癌において開腹せずに手術用内視鏡を用いて膀胱腫瘍を切除するTUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)
 ③水腎症などに対して尿の通り道を確保するため手術である経皮的尿管ステント留置術
 ④前立腺癌に対して内視鏡支援ロボット手術(ダヴィンチ)を使用して行う前立腺悪性腫瘍手術。
 ⑤腎癌や尿管癌に対して、腹腔鏡下に行う悪性腫瘍手術。
形成外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0301四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹)350.942.000.0053.14
K0051皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)190.581.160.0039.05
K2191眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)180.941.940.0069.06
K0072皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)141.073.710.0080.21
K0221組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術))111.005.270.0043.91
■形成外科
①四肢・躯幹の軟部腫瘍摘出術
②皮膚および皮下にできた腫瘍(露出部、長径2㎝未満)の摘出術。皮膚・皮下腫瘍摘出術は腫瘍の大きさ等によって集計上は複数のKコードに分散されています。
③眼瞼下垂(まぶたが上がりにくい症状)に対する眼瞼挙筋前転法と呼ばれる手術。この手術では、眼窩隔膜に切開を加え下側の断片を引き下げて瞼板に固定することで、下がっていた瞼が上がり本来の目の大きさに戻ります。またミュラー筋という自律神経とも連動しているまぶたの裏にある筋肉を傷つけるリスクが低い術式です。
④皮膚癌に対する悪性腫瘍切除術。
⑤乳癌に対して行われた乳房切除術の後に行う、組織拡張器による再建手術(シリコン製の皮膚拡張器を皮下に埋込み、数回に分けて生理食塩水を注入することで乳房部分の皮膚拡張を行う)。
 また外傷や体表先天異常に対する外科的治療から、あざ等に対して行うレーザー治療など多岐にわたって診療しております。
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772口蓋扁桃手術(摘出)281.647.040.0020.18
K319鼓室形成手術151.408.730.0054.53
K340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)151.476.600.0059.20
K309鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術111.733.090.0010.09
K4631甲状腺悪性腫瘍手術(切除)-----
■耳鼻咽喉科
 ①慢性扁桃炎などに対する扁桃腺摘出術。IgA腎症と呼ばれる腎疾患の患者さんに対しても、扁桃が関与しているとされるため、腎臓内科で内科的治療を行う前に耳鼻咽喉科で扁桃腺摘出術を行うこともあります。
 ②真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術(中耳炎の原因病巣を除去するとともに鼓膜・耳小骨連鎖を再建し、聴力の改善を目的におこなう方法)。
 ③慢性副鼻腔炎に対する内視鏡的副鼻腔手術となります。この手術は部位や病気の症状などによって術式が複数に分けられています。
 ④滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術。難治性の滲出性中耳炎では、鼓膜切開で排液を行っても再発してしまうため、長期間にわたって中耳内の滲出液を除去し中耳の換気を正常化するために鼓膜チューブ挿入術を行う。
 ⑤近年増加傾向にある頭頸部腫瘍のひとつの甲状腺癌に対する甲状腺悪性腫瘍切除術。
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K877子宮全摘術941.016.590.0049.33
K8882子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)730.975.160.0044.29
K867子宮頸部(腟部)切除術521.002.480.0039.88
K872-2腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術311.004.940.0040.90
K8654子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式)301.006.600.0070.60
■産婦人科
 ①子宮筋腫や子宮頚部異形成、上皮内癌などに対して行う子宮全摘術。子宮頸癌に対して行う広汎子宮全摘術とは違い、子宮に付着する各靭帯や子宮支帯を分離することなく子宮ぎりぎりで切断する術式になります。
 ②卵巣と卵管を同時に摘出する子宮付属器腫瘍摘出術。卵巣嚢腫のいちばん基本的な術式です。附属器の良性腫瘍手術は腹腔鏡下に行うのが主流になりつつあり、当院でも積極的に腹腔鏡を使用した術式で行っています。
 ③出血や帯下の増量などを伴う高度の子宮膣部びらんや子宮頚部異形成、上皮内癌の治療として子宮膣部ないし頸部を切除する治療法。
 ④子宮筋腫などに対する腹腔鏡下子宮筋腫摘出術。この手術は筋腫のみを摘出するため、子宮を温存することが可能です。
 ⑤子宮脱や子宮下垂に対して行われる子宮脱手術。子宮脱手術には複数の種類があり、近年は子宮を摘出する方法が主流となっています。当院でも膣壁形成術と子宮全摘術を組み合わせた術式の症例数が多くなっています。
 産婦人科では身体への負担が少なく入院日数も短い腹腔鏡や子宮鏡を用いた手術を多数手掛けており、腹部を全く切らない膣式手術にも力を入れております。また保険外診療として、内視鏡支援ロボット手術(ダヴィンチ)も行っております。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)1152.962.360.0072.83
K2801硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)152.937.870.0069.93
K281増殖性硝子体網膜症手術-----
K2802硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)-----
K215-2眼瞼結膜腫瘍手術-----
■眼科
①白内障に対する水晶体再建術で眼内レンズという人工水晶体を挿入する手術。眼科では眼科疾患全般の診療を行っておりますが、特に専門は白内障および網膜硝子体疾患です
②網膜剥離、糖尿病や高血圧症などによる硝子体出血、黄斑部の病気などに対して行う硝子体茎顕微鏡下離断
 術前日数については、同一入院で左右の手術を2度に分けて行うことがあるため、必ずしも1度目の手術の術前日数で集計されてはおりません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる--
180010敗血症同一190.16
異なる220.18
180035その他の真菌感染症同一--
異なる--
180040手術・処置等の合併症同一1030.86
異なる--
◆定義
 ①播種性血管内凝固症候群、②敗血症、③真菌症、④手術・処置等の合併症の患者数と発生率を集計しています。
  上記の疾病を治療する際にたくさんの医療資源が必要とされるため、該当するDPCは高額な点数(医療費)が設定されている傾向にあります。
 ①播種性血管内凝固症候群:感染症等を契機として起こる、全身性の重症な病態です。
 ②敗血症:感染を契機とする全身性炎症反応の重症な病態です。
 ③真菌症:真菌というカビの仲間によって引き起こされる感染症です。
 ④手術・処置等の合併症: 手術や処置に起因して発生する合併症を指します。例として術後出血や創部感染、内シャント、人工関節等の体内に埋め込んだ機具のトラブル等がこれに該当します。
 この指標に示される用語は以下の通りです。
◇DPC上6桁コード
 DPCの情報は14桁のコードで表現され、そのうち上6桁は傷病名を示すコードとなっています。
◇入院契機
 DPC上6桁コードにて分類される傷病名(医療資源病名:最も医療資源を投入した傷病名)とは別に、入院の契機となった傷病名(入院契機病名)がそれぞれの入院患者さんにつけられています。この指標では、医療資源病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」かにより分けて集計しています。
◇発生率
 全入院患者のうち、該当するDPCで入院費の請求を行った患者さんの割合です。
◆解説
 上記疾患のDPCは高額な点数(医療費)が設定されているため、アップコーディング(不適切な医療費の請求)の疑いを招き易い傷病名とされています。当院ではDPCを決定する際、臨床的に根拠のある診断とそれに基づいた医療資源の投入量からよく熟考の上、妥当・適切な請求となるよう努めており、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症の発生率については、いずれも低い結果となっています。
 手術・処置等の合併症については、代表的なものは血液透析の際に使用する内シャントのトラブル(狭窄、閉塞等)に関する症例となっており、この症例の場合、1~3日程度のシャントトラブル解除のみを目的とした短期入院となります。当院では、他院にて維持透析管理をされている患者さんがシャントトラブルを起こした際にも積極的な受け入れを行っており、患者さんが地域で安心して医療を受けることが出来るよう他医療機関との円滑な連携を図っております。
 その他には、1度目の入院で人工関節等の手術を行い外来移行した後、脱臼や破損などを契機に再入院した際にもこのDPCに該当するため、入院契機が同一となる割合が高くなっています。
更新履歴
2016.9.23
「平成27年度 函館五稜郭病院 病院指標」を公開しました。
2017.9.27
「平成28年度 函館五稜郭病院 病院指標」を公開しました。

面会時間のご案内

  平日・土曜 日曜・祝祭日
一般病棟 13:00~20:00 10:00~11:30
13:00~20:00
産婦人科病棟 15:00~20:00 10:00~11:30
15:00~20:00

診療科一覧